このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

防災・防犯

更新日:2018年3月1日

防災・防犯

不審者情報

不審者情報の調べ方は

当サイト内の「不審者・防犯情報」をご覧ください。
(学務課・危機管理課)

防災

災害時の避難場所はどこですか?

龍ケ崎市には現在45ヶ所の指定避難所と40ヶ所の指定緊急避難場所があります。指定緊急避難場所および各地域ごとの指定避難所は、別表のとおりです。なお、災害時、家屋の倒壊などにより避難路が寸断し、避難場所へたどり着けないことなどが考えられるため、市では地区ごとの避難場所については指定していません。日頃から、各家庭や自主防災組織、自治会で、避難場所を2、3箇所決めておきましょう。
(危機管理課)

ハザードマップはどこで入手できますか

龍ケ崎市では現在、土砂災害ハザードマップを作成し、当ホームページ上で公開しています。なお、平成21年度中に洪水ハザードマップ、地震ハザードマップを公開する予定です。

(危機管理課)

龍ケ崎市防災計画は、どこで閲覧できますか

本庁3階、危機管理課で閲覧できます。

(危機管理課)

救命講習を受講するには、どうしたらよいのですか

救命講習は、稲敷地方市町村圏事務組合で実施しております。詳しくは、組合ホームページをご覧下さい。

なお、市では自主防災組織単位で救命講習の受講を受け付けており、自主防災組の長宛に、ご案内をしております。

(危機管理課)

龍ケ崎市に震度計はあるのですか?

当市の震度は、茨城県が平成9年に庁舎敷地内に設置した「震度計」により観測されており、地震を感知したら自動的に、防災ネットワークシステム(電話・衛星回線のどちらか)を通じて、市町村→茨城県消防防災課→気象庁(水戸気象台)→マスメディア(NHK等)へと、震度情報が伝わる仕組みとなっています。これは、茨城県内の全市町村がこのシステムにより運用されているものです。また、震度計については全市町村、庁舎の敷地内又は庁舎内に設置しています。
なお、震度計の設置者である茨城県によりますと、震度計の設置環境については、気象庁がA・B・C・D・Eの5段階で評価しており、当市は2番目に高いBランクとされ、適正な震度表示であるとともに、定期的なメンテナンス(検査等)を実施しているところであります。最後に龍ケ崎市の防災行政無線につきましては、震度4以上の地震を感知した場合は、放送塔(子局)から自動的に市民へ地震への警戒を呼びかけるシステムを取り入れています。このシステムは県内で当市だけ取り入れているものです。

震度階級は「震度階級と計測震度の関係表」のとおり計測震度が0.1の違いであっても震度階級1のひらきが出ることがあります。
(例)計測震度2.4→震度2|計測震度2.5→震度3

震度階級と計測震度の関係表

震度

0

1

2

3

4

5弱

5強

6弱

6強

7

呼び名

無感

微震

軽震

弱震

中震

強震

強震

烈震

烈震

激震

震度計の計測震度

0~0.4

0.5~1.4

1.5~2.4

2.5~3.4

3.5~4.4

4.5~4.9

5.0~5.4

5.5~5.9

6.0~6.4

6.5~

お問い合わせ

危機管理課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1583

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ