このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

「こどもの災害用備蓄品」を市拠点施設に事前・分散配備する新たな取組みと、市備蓄食に食物アレルギー対応品を導入

更新日:2018年3月1日

まいりゅうと赤ちゃん

まもなく東日本大震災から6年、そして熊本地震からこの4月で1年。
「防災・減災日本一」を目指す龍ケ崎市では、「こどもの災害・備蓄品の事前・分配配備」「新たな食物アレルギー対応品の導入」の新たな取り組みを進めます。


アレルギー対応粉ミルクなど『こどもの災害用備蓄品』の内容を拡充し、事前・分散配備

こどもの備蓄品2017

市役所本庁舎での『一括管理』から、災害時の市拠点施設となるコミュニティセンター(市内13箇所)に、以下備蓄内容を拡充のうえ、事前に分散配備することにより、災害時の「こどもの安全と安心」を速やかに確保する体制を新たに整備します。


コミュニティセンター1箇所あたりの備蓄内容・数量

粉ミルク非アレルギー対応品「明治ほほえみ らくらくキューブ」

  • 11小箱
  • 1小箱(160ml×5袋)あたり、1人5回で1日分

粉ミルク【アレルギー対応品】「森永乳業ニューMA-1(800g)」

  • 1缶
  • 1回約30g(200ミリリットル作成)として、約26回分。アレルギー症状のない乳児も飲用可能
    【日本小児アレルギー学会 災害対応ワーキンググループ「大規模災害対策におけるアレルギー用食品の備蓄に関する提案」(2015年8月)より】

使い捨てほ乳ボトル「相模ゴム チューボ」

  • 50個
  • 消毒不要で、お子さんの年齢や体調に合わせてミルクの吸い出し量を3段階調整可能

粉ミルク用の水「エコアクア合同会社 エコアクア(500ml)」

  • 24本
  • 硬度0.2ppmの軟水(使い捨てほ乳ボトル数×200ml以上の量を用意)

紙おむつ Lサイズ、テープ型

  • 1包
  • 吸水面積が広く、すぐにおむつを交換できない状況や、こどもの月齢を問わず幅広く使用できるため、Lサイズのテープ型を用意

おしり拭き

  • 5包
  • おむつ備蓄54枚×1回交換に3枚使用で約160枚(1包80枚×5包=400枚)
  • その他の用途として、体を拭くことも可能

使用済み紙おむつ等 廃棄用ビニル袋

  • 1包
  • 臭わないおむつの個別廃棄袋1箱90枚入り×1袋

使い捨て手袋(ポリエチレン製)

  • 1箱
  • Mサイズ1箱100枚入り(50組)

市指定可燃ごみ袋(大)

  • 1袋

ランタン照明

  • 2個

ランタン照明用電池

  • 8本
  • 単3電池

カセットコンロ

  • 1台

カセットコンロ用ガス

  • 3缶

収納用ケース

  • 1箱

市内各コミュニティセンターの名称・住所

市内各コミュニティセンターの名称・住所
名称住所
松葉コミュニティセンター松葉5-1
長戸コミュニティセンター高作町162-9
大宮コミュニティセンター大徳町4901
北文間コミュニティセンター長沖町813
馴柴コミュニティセンター馴柴町21-1
長山コミュニティセンター長山3-13-1
川原代コミュニティセンター川原代町1665
八原コミュニティセンター藤ケ丘1-21-14
馴馬台コミュニティセンター平台5-12-3
龍ケ崎コミュニティセンター龍ケ崎市488
龍ケ崎西コミュニティセンター龍ケ崎市8897-1
久保台コミュニティセンター久保台4-1-12
城ノ内コミュニティセンター白羽1-5-2

市備蓄食に「食物アレルギー対応の新製品」の導入

調理不要で、すぐそのまま食べられる乳幼児から高齢者の幅広い世代を対象に「レトルトおかゆ」を3種類約4,000食や、避難所生活で不足する野菜摂取を目的に野菜ジュース約2,500缶を新たに導入します。
これら製品は、当市が進めるアレルギー症状を引き起こす食品27品目を使用しない製品での全量備蓄(平成30年度末対応完了予定)に基づき、アレルギー食品27品目を使用しておりません。

アレルギー症状を引き起こす特定原材料等27品目

えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

龍ケ崎市備蓄計画基準総量(平成31年度:2019年度 目標)

飲料水

飲料水1日分、備蓄食作成用水3日分として。
飲料水計画基準量1,513箱18,156リットル

  • 1箱500ミリリットル×24本
    基準量:488箱/保存年数:5年
  • 1箱2リットル×6本
    基準量:1,012箱/保存年数:5年
  • 飲料水【特に軟水指定】1箱500ミリリットル×24本
    基準量:15箱/保存年数:5年
    粉ミルク作成用の水3日分として

食料品

総食数(野菜ジュース、粉ミルクを除く)44,488食
市備蓄食計画基準の被災者想定人数4,900人×3食×3日間

  • アルファ化米
    わかめご飯、ひじきご飯、きのこご飯
    基準量:248箱12,400食/保存年数:5年
    アレルギー27品目不使用。個食・炊出しセット混在。
  • ライスクッキー
    基準量:256ケース12,288食/保存年数:5年
    アレルギー27品目不使用
  • 梅がゆ・玄米小豆がゆ
    基準量:208ケース12,600食/保存年数5年
    アレルギー27品目不使用。主に子どもから高齢者向け
  • 五目がゆ野菜&きのこがゆ・白がゆ
    基準量:144ケース7,200食/保存年数:5年
    アレルギー27品目不使用。主に乳幼児・高齢者向け
  • 野菜ジュース
    基準量:328ケース9,840缶/保存年数:5年
    アレルギー27品目不使用
  • 粉ミルク・森永乳業「ニューMA-1」(大缶800g)1缶約26回分
    基準量:13缶338回分/保存年数:約1年
    アレルギー対応品。各コミュニティセンターに配備
  • 粉ミルク・明治ほほえみbらくらくキューブ(1袋4個入り×5袋×24小箱/1大箱)1大箱約120回分
    基準量:6大箱720回分/保存年数:約1年
    アレルギー非対応品。各コミュニティセンターに配備

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。市備蓄食使用原材料2017年2月(PDF:88KB)
なお、これら取組みは、危機管理室において、男性職員の育児休業取得中および日々の育児における“経験や気づき”などの意見を聞き、実行しました。

男性職員の主な気づき

  • 災害直後、速やかな物資輸送は困難。
  • 特に、子ども向けの最低限必要な物資は、市拠点施設に事前配備が望ましい。
  • ミルク用の備蓄水は他の備蓄水と別に保管することで、容易に確保が可能
  • 使用後のおむつは、防臭効果のある個袋に入れて廃棄が望ましい など

当市は、東日本大震災の教訓および熊本地震の被災地派遣職員の経験、そして男性職員の育児を通じて得た気づきなどを反映し、更なる「市民の安全と安心」の確保に努めます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

危機管理課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1583

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ