このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

三組合合同水防訓練に参加しました

更新日:2018年10月9日

平成30年5月27日(日曜日)に小貝川・藤代地区河川防災ステーション(取手市椚木地先)において、小貝川流域の水防組合管理団体である稲敷地方広域市町村圏事務組合(構成市町:龍ケ崎市、稲敷市、利根町、河内町)と利根川水系県南水防事務組合(構成市:取手市、龍ケ崎市、つくば市、つくばみらい市、牛久市)、常総広域市町村圏事務組合(構成市:常総市、取手市、守谷市、つくばみらい市)が共催した水防訓練に龍ケ崎市消防団が参加し、水防工法の訓練を行いました。
今回の訓練では、龍ケ崎市消防団からは長戸地区を管轄する第6分団10名が、稲敷広域市町村圏事務組合の構成市町で編成された第2中隊として参加しました。
訓練は、時間100ミリ以上の雨量を伴った大型の台風が関東地方を直撃し、小貝川の水位が急激に上昇を続けているとの想定で実施され、水防工法活動を行う上で必要な土のうを作成する土のう拵え工法から始まり、堤防の洗堀を防ぐシート張り工法や越水対策としての改良積土のう工法、漏水への対応として釜段工法といった各種水防工法を実施致しました。
また、今回の訓練では現在越水防止工法として主流となっている積土のう工法に代わる新たな工法として注目されている水のう工法も実施されました。
今年度も出水期を迎え、台風の巨大化やゲリラ豪雨等新たなステージに突入したと言われる気象状況により、近年は全国各地で発生している水害に備え、今後も水防体制の強化や訓練に努めて参ります。


釜段工法実施前整列風景


改良積土のう工法



シート張り工法


改良積土のう工法



お問い合わせ

危機管理課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1583

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ