このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

龍ケ崎市長の新型コロナワクチン接種について

更新日:2021年5月15日

龍ケ崎市長の新型コロナワクチン接種にかかる市長コメント

龍ケ崎市長 中山一生が、新型コロナワクチンの1回目の接種を実施しました。そのことに関し、下記のとおり市長コメントをお知らせします。

龍ケ崎市長 中山一生 コメント(5月14日プレスリリース原文)

現在、全国的にワクチンの廃棄が問題となっており、本市でもこれから本格化するワクチン接種の際の大きな課題となっています。
私は、5月2日(日曜日)に行われた医療従事者の集団接種の際、廃棄の恐れのある余剰分が見込まれるとのことで、エントリーさせていただき、接種し、2回目の接種は5月23日(日曜日)を予定しています。


先行して接種することは大変心苦しいことではありますが、ワクチン接種をはじめ、行政運営全般を担う統括責任者として、また、危機管理を担う立場から、私が新型コロナウイルスに感染し、指揮に影響を及ぼすことがないよう、接種をさせていただきました。
接種をさせていただいたからには、市民の皆さまに一日も早くワクチン接種をしていただけるよう、医師会の先生方や医療機関と力を合わせ、全力を尽くしてまいります。


龍ケ崎市では、高齢者の方全員が2回接種するだけのワクチンを確保し、まずは85歳以上の皆さまへ5月17日(月曜日)に予約案内を発送する予定で、その後は5歳刻みで順次ご案内をさせていただきます。


そして、7月末までに、65歳以上の方へのワクチン接種が行われるよう全力で取り組んでまいります。
市民の皆さまの積極的なワクチン接種と、報道機関の皆さまにもご理解とご協力をお願い申し上げます。

令和3年5月14日 龍ケ崎市長 中山 一生

ワクチン接種の今後のスケジュール

ワクチン接種に向けた今後のスケジュールについて

ワクチン廃棄に対する市の考え方

限られた新型コロナワクチンを有効活用するため、ワクチン接種にあたっては事前申込制とするなど、国や県の指針に基づき、できる限りワクチンを廃棄することがないよう努めています。


しかし、現在使用しているワクチンは、解凍し希釈してから6時間以内に使用する必要があり、当日のキャンセルなどによりワクチンを廃棄せざるを得ない状況も想定され、それに対応するため、当日に対応できる人員を事前に調整しています。


これまで、キャンセルに対応する人員としては、市長を含め集団接種などに携わる職員や施設管理者などで行ってまいりました。
一方で、徐々に広がりつつあるウイルス変異株は、感染力が強く、若年層においても感染拡大が危ぶまれていることから、小中学校や保育所などではクラスターの発生が懸念されています。
そのため、保育所や幼稚園、小中学校の職員に接種することで、子ども達を守ることにつなげるため、キャンセル分に対応する人員として準備を進めています。

お問い合わせ

市長公室 秘書課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1583

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで
サブナビゲーションここから

新型コロナワクチン接種

サブナビゲーションここまで


所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ