「龍ケ崎」の「ケ」の字は大文字か小文字か?

公開日 2013年11月25日 00時00分

最終更新日 2013年11月25日 00時00分

「龍ケ崎市」の「ケ」の字は大文字か、小文字か、ということについてです。


結論からいうと、市制施行時の官報に掲載された「龍ケ崎市」を当市では正式な表記としているので、市の公式文書では「ケ」の字は大文字を使うということになっています。

大文字の「ケ」を使うことは、「龍」の字を使うこととした平成8年より早く、平成元年に市役所内で表記の統一をしています。

(参考)「りゅうがさき」の「りゅう」の字は?

辞書によると「ケ」の字は、物を一つ一つ指し示す意味の「个」が語源となり、転じてカタカナの「ケ」を使うようになったそうです(「角川漢和中辞典」、「広辞苑」、「大辞林」より。)。

龍ケ崎市の公印(市長の印)の印影をよく見ると、「ケ」の字は元の「个」の字に近い字体(てん刻の字体ですが)になっています。

「ケ」の字は小文字の「ヶ」を使用する場合もありますが、明確にその使い分けを示す根拠となる資料は市にもなく、平成元年当時は「元が漢字なのだから大文字」という見解で「官報掲載のとおり」という選択をしました。

実際に過去には「竜」の字と同じように小文字の「ヶ」を市の公式文書で使っていた時期もありました。

文字の意味としては「ケ」も「ヶ」も違いはないのですが、「龍ケ崎市」という固有名詞でありますので、正式には大文字の「ケ」を使用しているところです。

お問い合わせ

総務部 人事行政課
TEL:0297-60-1513