人材バンク登録者の紹介 中国語の指導

公開日 2015年06月29日 11時43分

最終更新日 2016年08月16日 11時29分

お世話になった龍ケ崎の人たちに恩返しがしたい! 指導歴20年超の経験豊富な講師が教える中国語

<龍ケ崎市生涯学習人材バンク>は、ご自分の知識や技術を「誰かに教えてあげたい!」という方に講師としてご登録いただき、その情報を「教わりたい。習ってみたい!」という方にご紹介する制度です。

先日、新たに講師登録がありましたので、指導分野や内容などについて早速お話をうかがいました。

登録講師は、馬延冬(マー・イェンドン)さん。

指導分野は中国語ということで登録していただいています。1回2時間の講座は会話が中心ですが、文法知識や中国文化紹介の時間も設けるとのこと。語学に留まらず、中国の文化や社会など幅広く教えていただけます。

中国の大学で、中国に来た留学生(主に日本や韓国などからの学生)に対して中国語を教えていた馬さん。日本に住むようになってからも、企業の海外派遣前研修や語学学校での講師など、さまざまな場所での指導経験をお持ちです。その指導歴は20年以上。「大学で教えていたときは、言語学・教育学を勉強しましたので、理論に基づいた指導方法を実践していました。会話は語学の基本で大切なものなので、時間を多く割いて指導します。」「中国語は日本語より母音の数が多くて、日本語にはない声調(意味の違いに関わる音の高低のこと)があり、難しいのではないかと思っている人もいるかもしれません。でも発音にはコツがあるんです。レッスンではコツを教えます。コツがわかって発音できたら、中国語を話すのが楽しくなりますよ!」「希望者の年齢や経験は問いません。まったく中国語を知らない人、勉強中で知識を深めたい人、幼稚園児でもおじいちゃん・おばあちゃんでもOK! 受講してくれた全ての人に何か身につけて帰ってもらいたいと思っています。」

障がいのあるお子さんの幼稚園を探していたときに龍ケ崎に出会い、市内に転入されたという馬さん。「龍ケ崎の人は子どもに対しても私に対してもみんな本当に親切で、地域の方々をはじめ、皆様にたくさん助けていただいています。龍ケ崎はとってもいいところ。よくしてもらった地域の人たちに恩返しがしたい、役に立ちたい、という思いがあります。私には中国語を教えることくらいしかできません。ことばをきっかけに文化・社会についてもお話しし、(日本人・中国人)お互いの理解を深めたいです。」

とってもパワフルで、明るく元気な馬さん。お話をうかがっていると、こちらも元気をもらえるような気がします。レッスンをご希望の方は、生涯学習課にお問い合わせください。その際、下記の概要や登録情報も参考にしてください。

講座の概要
1回の講習時間・講習回数 月1回・1回2時間程度
講習場所 コミュニティセンターを予定
講習曜日・時間帯 日・土曜(どちらか) 午前10時~正午
テキスト

講師が資料を用意します。受講者のレベルや希望に合わせて作成する予定です。

受講人数

グループレッスンの形式で実施します。レッスンには1人からでも参加できますので、お気軽にご参加ください。

諸経費 無料

予定しているテーマ(例)

第1回:歌える中国語、小顔になる中国語(会話:中国語で挨拶)
第2回:中国語、英語、日本語。似ているのは?(会話:サバイバル旅行会話)
第3回:中国語の文法と囲碁(会話:基本動詞フレーズを覚えよう)
第4回:中国語って何語?(会話:中国人の友達を作ろう)
第5回:中国語で漢詩を読んでみよう!(漢詩を現代中国語で説明してみよう)
第6回:春節といえば「餃子」!!?(会話:食にまつわる会話)


この講師の登録情報についてはこちらをご参照ください。

人材バンクの概要、講師一覧についてはこちらをご確認ください。

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
TEL:0297-60-1563

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード