このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな、文字拡大・色の変更
  • Multilingual
  • あずける
  • でかける
  • 相談する
  • 手当・助成など
  • 健診・健康教室
  • 病院・救急・予防接種
  • たつのこアクション
本文ここから

産前・産後のお母さんを応援しています!

更新日:2018年7月6日

産後ケア事業

出産後、家族などから家事・育児などの援助が受けられず、育児支援を必要とするお母さんに、宿泊または日帰りで心身のケアや育児サポートなどを行うサービスを開始します。安心して子育てができるよう、産後の生活を支援します。

対象

龍ケ崎市民または原発避難者特例法に基づく指定市町村から龍ケ崎市へ避難している出産後4か月未満のお母さんと赤ちゃんで、以下のいずれかに当てはまる方で市税の滞納がない方。

  • 出産後、家族などから家事や育児のサポートが受けられない方
  • 産後の心身の不調や育児に不安がある方

サービス内容

  • お母さんのケア(健康状態の確認、乳房トラブルなどの乳房ケア、休養の確保)
  • お子さんのケア(健康状態の確認、発育状態・体重・栄養状態などの確認)
  • 育児のサポートや育児相談(授乳指導、沐浴指導)

実施施設

産後ケア事業実施施設一覧
施設名住所電話番号利用料
龍ケ崎済生会病院龍ケ崎市中里1‐10297-63-7111

宿泊型:54,000円
日帰り型:25,000円

椎名産婦人科牛久市中央5-12-20029-872-0799

宿泊型:54,000円
日帰り型:27,000円

つくばセントラル病院牛久市柏田町1589-3029-872-1771

宿泊型:54,000円
日帰り型:25,000円

かんの産婦人科クリニック取手市藤代10760297-83-0321

宿泊型:54,000円
日帰り型:27,000円

JAとりで総合医療センター取手市本郷2-1-10297-74-5551

宿泊型:54,000円
日帰り型:27,000円

利用時間

宿泊型は午前10時から翌朝午前10時まで/日帰り型は午前10時から午後5時まで

利用料金を助成します

助成回数

宿泊型・日帰り型合わせて7回まで

助成額

1回あたり宿泊型は上限49,000円/日帰り型は上限22,500円上限を超えた分は自己負担です。生活保護世帯・市民税非課税世帯の方は、宿泊型は54,000円/日帰り型は25,000円助成します。

利用の流れ

  1. 事前に保健センター内「子育て世代包括支援センター」にご相談ください。
  2. 保健センターで利用医療機関との事前調整などを行い、ご連絡します。
  3. 母子健康手帳・印鑑(スタンプ印不可)をお持ちいただき、事前に保健センター窓口で申請してください。
    その際、「産後ケア事業申請書」を提出していただきます。(用紙は保健センター窓口に用意してあります。)
  4. 利用が正式に承認されると、利用が可能になります。

※郵送での申請をご希望される場合は、保健センター内「子育て世代包括支援センター」にご相談ください。

ダウンロード

産後健診費助成

お母さんの出産後2週間健診・1か月健診費用の一部を助成します。

対象

龍ケ崎市民または原発避難者特例法に基づく指定市町村から龍ケ崎市へ避難している方。

助成額

1回あたり上限5,000円

マタニティタクシー費用助成

妊婦健康診査や出産時等に、タクシーで医療機関に通院する場合の料金の一部を助成します。

対象

龍ケ崎市民または原発避難者特例法に基づく指定市町村から龍ケ崎市へ避難している方で、母子健康手帳の交付を受けた妊産婦の方。

助成内容

妊婦健康診査受診時、出産のための入院時、産後の退院時に、タクシーを利用した場合の料金の一部。

助成額

1回あたり上限1,000円

助成回数

1人あたり上限30回

申請方法

母子健康手帳・医療機関受診が証明できる領収書等・タクシー領収書・印鑑(スタンプ印は不可)・口座番号がわかるものをお持ちいただき、保健センター窓口で申請してください。

申請期間

最終利用から2か月以内

お問い合わせ

子育て世代包括支援センター(保健センター内)

電話:0297-64-1039

ファクス:0297-64-5027


本文ここまで

Copyright©RYUGASAKI CITY. IBARAKI PREF, JAPAN. ALL Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの上部へ