このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな、文字拡大・色の変更
  • Multilingual
  • あずける
  • でかける
  • 相談する
  • 手当・助成など
  • 健診・健康教室
  • 病院・救急・予防接種
  • たつのこアクション
本文ここから

令和元年10月から幼児教育・保育無償化が始まります

更新日:2019年9月30日


幼児教育・保育無償化ポスター

令和元年10月1日から、3歳児から5歳児の幼稚園、保育所等の利用料が無償になります。詳細は以下をご覧ください。

無償化の対象・保育の必要性についての一覧表

施設型類型

対象者
(満3歳児を除き、4月1日時点の年齢)

保育の必要性の認定無償化の上限額(月額)
認可保育所、認定こども園(保育部分)、地域型保育0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯、3歳児から5歳児まで必要全額
認定こども園(幼稚園部分)、幼稚園(新制度移行園)3歳児(満3歳児を含む)から5歳児まで不要全額
幼稚園(新制度未移行園)3歳児(満3歳児を含む)から5歳児まで不要25,700円
認定こども園(幼稚園部分)、幼稚園、認可外保育施設・ファミリーサポートセンターの預かり保育

満3歳児の住民税非課税世帯、3歳児から5歳児まで

必要

満3歳児の非課税世帯は16,300円、3歳児から5歳児まで11,300円(1日当たり450円の上限×利用日数)

認可外保育施設等0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯、3歳児から5歳児まで必要0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯は42,000円、3歳児から5歳児までは37,000円
企業主導型保育所0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯、3歳児から5歳児まで必要標準的な保育料全額
一時預かり保育施設の入所ができなかった0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯、3歳児から5歳児まで必要0歳児から2歳児までの住民税非課税世帯は42,000円、3歳児から5歳児までは37,000円
障がい児の発達支援3歳児から5歳児まで不要

全額


認可保育所(園)、認定こども園(保育部分)、地域型保育

保育料

既に認定を受けているので手続きは不要です。自動的に保育料の無償化がされます。

副食費(おかず・おやつ代)

各園で設定した副食費を園に直接支払います。
ただし、年収360万円未満相当の世帯は副食費が免除されます。手続きは不要です。
対象になる世帯にはこども家庭課から通知します。

認定こども園(幼稚園部分)、幼稚園(新制度移行園)

保育料

教育時間部分の利用に関する無償化については、既に認定を受けているので手続きは不要です。自動的に保育料の無償化がされます。
ただし、預かり保育の無償化を受ける場合、保育の必要性を確認するため、在籍園を経由して市に認定の申請書等の提出が必要です。
なお、認定こども園(幼稚園部分)・幼稚園の在園児には、郵送にて保護者に申請書の書式等を送付しています(2019年8月初旬)。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。預かり保育用申請書(PDF:504KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。保育の必要性を確認する書類(就労証明書)(PDF:195KB)
保育の必要性は現行の保育認定と同じ要件です。その他の理由の場合はこども家庭課にご相談ください。

副食費

今までどおり、園に直接支払います。
ただし、年収360万円未満相当の世帯は副食費が免除されます。手続きは不要です。
対象になる世帯にはこども家庭課から通知します。

幼稚園(愛宕幼稚園など新制度に未移行の園)

保育料

既に在園している場合も認定申請が必要です。園を経由して市に認定の申請書等の提出が必要です。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。新制度未移行幼稚園用申請書(PDF:321KB)
なお、幼稚園の在園児には、郵送にて保護者に申請書の書式等を送付しています(2019年8月初旬)。
預かり保育の無償化を受ける場合、保育の必要性を確認するため、在籍園を経由して市に認定の申請書等の提出が必要です。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。預かり保育用申請書(PDF:504KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。保育の必要性を確認する書類(就労証明書)(PDF:195KB)
保育の必要性は現行の保育認定と同じ要件です。その他の理由の場合はこども家庭課にご相談ください。

副食費

今までどおり、園に直接支払います。
ただし、年収360万円未満相当の世帯は副食費が免除されます。手続きは不要です。
対象になる世帯にはこども家庭課から通知します。

認可外保育施設等

既に在園、利用している場合も認定の申請が必要です。
龍ケ崎市の認可外保育施設には園を通して申請書の書式をお渡ししました。
市外の認可外保育施設をご利用の場合は、こども家庭課へご相談ください。

保育園の一時保育

基本的には、保育認定を受けているが、保育施設の利用ができなかった方が対象となります。
すでに認定を受けている方は改めての申請は必要ありません。
教育・保育認定を受けていない場合は、こども家庭課にご相談ください。

障がい児の発達支援

手続きは不要です。自動的に無償化されます。

幼児教育・保育無償化として確認を受けた施設

預かり保育事業

  • 認定こども園 あいゆう園
  • 認定こども園 ぶどうの木竜ケ崎幼稚園
  • 認定こども園 北竜台ふた文化
  • 認定こども園 竜ヶ崎みどり
  • 富士見幼稚園
  • めばえ幼稚園
  • 龍ケ崎文化幼稚園
  • 竜ヶ崎愛宕幼稚園

一時保育事業

  • ときわ保育園
  • ことり保育園
  • ながと夢保育園
  • しらはね保育園
  • 龍ケ崎つばめ保育園
  • あすなろ保育園
  • なないろ保育園
  • まつやま中央保育園
  • まつやま大宮保育園
  • フォルテ

認可外保育施設

  • アドバンスキッズ
  • 千葉ヤクルト販売株式会社龍ヶ崎センター保育室
  • 千葉ヤクルト販売株式会社佐貫センター保育室
  • こぶた龍ケ崎
  • なでしこ保育園
  • さくらキッズ(企業主導型)

子育て援助活動支援事業

  • ファミリーサポートセンター(さんさん館内)
  • NPO法人テディベア

病児保育事業

  • なでしこ保育園
  • ことり保育園
  • まつやま中央保育園
  • まつやま大宮保育園

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

福祉部 こども家庭課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-64-7008

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで
サブナビゲーションここから

サブナビゲーションここまで


Copyright©RYUGASAKI CITY. IBARAKI PREF, JAPAN. ALL Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの上部へ