このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
龍ケ崎市立城ノ内中学校
本文ここから

令和2年8月の学校生活

更新日:2020年8月31日

令和2年8月31日(月曜日)

 本日5校時、「Jリンピック」に向けて、グループ種目の練習を行いました。グループ種目は、各チーム縦割りで行います。グループ種目には、グループS(スピード)、グループT(テクニック)、グループD(団結)、グループP(パワー)があります。生徒は、いずれか1種目に参加します。
 それぞれの特徴を生かした種目は、グループS(スピード)はしっぽ取り、グループT(テクニック)はドッジボール、グループD(団結)は5人6脚、グループP(パワー)は綱引きです。
 生徒たちは、仲間と声を掛け合い、さわやかな笑顔で、一生懸命練習に取り組んでいました。

令和2年8月28日(金曜日)

 本日は、気温が高く、日差しも強くて、とても暑い日となりました。グラウンドで「Jリンピック」の練習をする予定でしたが、熱中症の危険を避けるため、屋内で各チームに分かれて練習しました。
 各チームとも、チームリーダーや3学年リーダーが中心となり、一生懸命練習に取り組んでいました。後輩たちに優しく、丁寧に、マスゲームでの動き等を教える姿は、とても頼もしく微笑ましいものでした。3年生の頑張りには、本当に感心します。
 龍の子人づくり学習の「みらい学習」の一環として、この「Jリンピック」を通して、生徒たちにリーダーシップやフォロワーシップ、企画力等を身に付けさせたいと考えます。そして、生徒一人一人が、「Jリンピック」での自身の成長を感じ取れるよう、生徒の主体性を生かしながら、全職員で生徒を支えていきたいと思っています。

令和2年8月27日(木曜日)

 写真は、本日、専門業者に駆除してもらった蜂の巣です。昨日、校舎の2階屋根の軒下に蜂の巣があることに、生徒が気付きました。本日、専門業者の方々が、あっという間に、安全に駆除してくれました。
 安全な学校生活を送るために、教職員、生徒、保護者のみんなで気を配り、協力していきたいと思います。

令和2年8月26日(水曜日)

 写真は、3年生の数学科の授業の様子です。どの生徒も、真剣に学習問題に取り組んでいます。分からないところはそのままにせず、グループの友達に質問します。頭を寄せ合いながら、「なぜそうなるのか」「どうしらたよいのか」を、互いに納得がいくまで学び合っています。仲間と学び合う表情は、とてもあたたかいものです。こうした生徒の学びを支えることができるよう、全教科とも学習課題や資料等を工夫していきたいと思っています。

令和2年8月25日(火曜日)

 「Jリンピック」に向けて、3年生が学年種目「タイフーン」の練習をしていました。3人一組となり、両手で竹の棒を持ちながら、コーンをぐるっとまわります。遠心力がかかるので、コーンの外側を走る生徒のスピードと、内側の生徒の踏ん張るパワーが勝利のカギとなります。また、長い竹がバトンとなるので、3人が息を合わせてスタートしないと、手が離れてしまいます。なかなか難しい競技です。
 今年の「Jリンピック」、もちろん主役は3年生です。学年縦割りでの練習時には、存分にリーダーシップを発揮してほしいと思います。また、「Jリンピック」当日の運営も、3年生が中心となります。「Jリンピック」の成功に向けて、競技や準備等に一生懸命取り組む3年生の姿に感心します。そして、その姿は、後輩たちのあこがれでもあります。
 さて、写真でもお分かりになるように、生徒たちは熱中症対策のためにチームカラーの帽子をかぶり、新型コロナウイルス感染症対策のために学年カラーの軍手をして競技に取り組みます。練習も本番当日も、熱中症対策のために、休憩と水分補給をこまめにとっていきます。「Jリンピック」が安全に実施できるよう、全職員で生徒を支えていきたいと思います。

令和2年8月24日(月曜日)

 「せーの!」と、グラウンドから元気なかけ声が聞こえてきます。いよいよ「Jリンピック」に向けて、本格的な練習が始まりました。6校時には、2年生が学年種目である「大縄跳び」の練習を行っていました。失敗しても、「もう一回!」「頑張ろう!」と声を掛け合っている姿は、とても微笑ましいものでした。
 これから本番が近付くにつれ、思うようにいかないときには、イライラしたり、諦めたくなったりすることもあるでしょう。そんなときこそ、互いに声を掛け合い、支え合い、リーダーを中心に乗り越えていってほしいと思っています。
 「Jリンピック」が終わったとき、生徒たちはまた大きく成長していることでしょう。その姿を楽しみに、本番までの練習等を職員一同で支えていきたいと思います。

令和2年8月21日(金曜日)

 本日は、市内中学校6校の生徒会本部役員による「たつのこプロジェクト会議」が開催されました。3密を避けるため、Zoomを活用して、リモート会議という形で行いました。
 学校再開後の各校の生徒会活動の取り組みや、小学校との連携、今後の活動や課題等について報告し合いました。新型コロナウイルス感染症の影響で、現在まではどの学校でも交流や集会をもつことができず、様々な制限がある中での活動でした。そのような中でも、「何か自分たちにできることはないか」という視点で、それぞれの学校が活動に取り組んでいました。
 また、地域の一員として、「たつのこプロジェクト」において地域に貢献できることはないか、語り合いました。

令和2年8月20日(木曜日)

 3年生の英語科では、「ファンレターを書く」活動に取り組んでいます。自分で選んだ好きな人(海外のスター、芸能人、スポーツ選手等)に、いつ、どんなきっかけで、ファンになったのかや、活躍を応援する気持ち等について、これまでに習った語句や文法等を活用しながら、英語でファンレターを書いています。どう表現したらいいか分からないときには、グループの友達に質問しながら、意欲的に学習に取り組んでいました。
 清書をしたら、実際にファンレターを送ります。「返事が来るかな…」とわくわくしながら、英語科の学習に取り組む3年生は、とてもいい表情で学んでいました。

令和2年8月18日(火曜日)

 本日は、体育祭の代替行事となる「Jリンピック」のチーム集会を、3密を避けるため、放送で行いました。
 実行委員長からは、下記のような話がありました。

 (前略)夏休み前に全校生徒の皆さんにお願いしたアンケートを基に、3年生の実行委員で検討し、体育的行事の名称が決定しました。名称は「Jリンピック ~若き者の戦い~」です。「Jリンピック」には、スポーツの祭典にふさわしく、スポーツを通して我々城ノ内中生が、学年を越えて交流を深めたい、生徒同士が互いをリスペクトする精神を大切にし、学校生活や平和、安全に感謝していこうという想いが込められています。また、「若き者の戦い」には、生徒たちが主体となり活躍するエネルギッシュさが表現されています。
 このように、我々生徒が一丸となり、オリンピックのような体育的行事を創り上げ、盛り上げていこうという想いが込められています。9月3日の本番に向け、授業と並行した少ない練習ですが、安全や体調に気を付けながら、活動していきたいと考えています。

 また、各チームのリーダーの決意表明も発表されました。3人のチームリーダーからは、チームの団結と勝利に向けた熱い思いが語られました。教室では、後輩たちがわくわくした表情で、その決意表明を聞いていました。
 例年どおりとはいかず、何かと活動規制が多くなる「Jリンピック」ですが、チームリーダーを中心に団結し、新たな伝統となる「Jリンピック」にしてほしいと思います。

令和2年8月17日(月曜日)

 夏休みが終わり、生徒たちが元気に登校してきました。今年度は、8月1日から16日までの短い夏休みでした。登校してきた生徒たちは、「どこにも行けなかったけど、宿題を頑張った。」「家で家族とのんびり過ごした。」などと、笑顔で話をしてくれました。生徒たちが大きな事故や事件に巻き込まれることなく、元気に登校してくれて、職員一同安心しました。
 さて、夏休み中に、校門脇の「ど根性ヒマワリ」が見事に咲きました。とても暑かった夏休みの日差しに、大きなヒマワリの花が映えます。本校で咲いている「ど根性ヒマワリ」は、市主任児童委員の山崎雅昭さんが毎年種を分けてくれているものです。今年も見事に咲きました。
 この「ど根性ヒマワリ」は、東日本大震災で被災した宮城県石巻市のがれきの中に咲いた「ど根性ヒマワリ」の子孫です。ヒマワリを栽培することを通して、震災があったことを忘れずに、防災意識を高めていきたいと思います。

令和2年8月7日(金曜日)

 陸上部は、8月9、10日に、全日本中学校通信陸上競技大会 茨城県大会 アシックスチャレンジカップに出場します。熱中症対策として、早朝の短い時間での練習を行いました。一人一人が出場種目に向けて、調整をしていました。特に、出場する3年生には、自己ベストを目指して、悔いのないように臨んでほしいと職員一同応援しています。
 練習後には、部員たちはミストシャワーをあびて、クールダウンしていました。一生懸命練習した後に、「涼しいー!」と声を出しながらミストシャワーをあびる姿は、とてもさわやかでした。

令和2年8月3日(月曜日)

 夏休みが始まりました。本日は、朝から蒸し暑く、日差しはかなりきびしいものでした。そのような中でも、生徒たちは元気に部活動に取り組んでいました。
 気を付けていかなければならないことは、熱中症です。一生懸命頑張るあまり、つい無理をしすぎてしまわないよう、生徒たちには水分補給や規則正しい家庭での生活を声掛けしています。また、生徒に無理をさせてしまわないように、職員室には熱中症危険度表(写真左)を作成・掲示し、各部活動顧問に注意をさせています。この夏は、みんなで注意し合って熱中症対策をしっかり行い、かつ、部活動に精一杯取り組むことで体力向上と心の逞しさを身に付けてほしいと思っています。
 右の写真は、ミストシャワーです。体育館とグラウンドの間に、ミストシャワーを設置しました。写真では分かりにくいですが、上部からミストシャワーがでています。部活動等の暑さ対策に活用していきます。

お問い合わせ

城ノ内中学校

〒301-0847 茨城県龍ケ崎市城ノ内5丁目3

電話:0297-62-2372

ファクス:0297-60-1618

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-0847 茨城県龍ケ崎市城ノ内5丁目3番地

電話:0297-62-2372

ファクス:0297-60-1618

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ