このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
龍ケ崎市立城ノ内中学校
本文ここから

令和元年7月の学校生活

更新日:2019年7月19日

令和元年7月19日(金曜日)

本日、令和元年度一学期終業式が行われました。生徒たちは、夏休みの過ごし方の注意点について静かに聞いていました。9月2日に心身共に成長した子どもたちに会えるのを楽しみにしています。

令和元年7月18日(木曜日)

 2学期の龍光祭に向けて朝,昼休み,放課後の時間を利用して合唱の練習が始まりました。より良い歌声を目指して各クラスパートリーダー,指揮者,伴奏者を中心に頑張ってほしいです。

令和元年7月17日(水曜日)

3年生の道徳の授業で、すごろくトーキングを行いました。友達との交流が深まるいい機会になりました。

令和元年7月16日(火曜日)

5、6校時に9月に行われる体育祭の結団式が行われました。写真は各団長による意気込みの発表です。各団長とも体育祭に向けてのそれぞれの思いを大きな声で発表することができました。また、結団式の後は各団での活動になり、参加種目についての話し合いが行われました。

令和元年7月12日(金曜日)

三連休前ということもあり、いつもより念入りに自問清掃に取り組む生徒が多く見られました。
毎日の小さな積み重ねを大切にし、日々を過ごしていって欲しいと思います。

令和元年7月11日(木曜日)

2年生では、「アサーション・トレーニング」を行いました。
アサーションとは、「自己表現」のことです。攻撃的な自己表現、非主張的な自己表現、アサーティブな自己表現の3つのタイプがあることを知り、自分も相手も大切にしたさわやかな自己表現である”アサーティブな自己表現”が大切であることを学びました。
日常生活においても、さわやかな自己表現をめざし、よりよい人間関係を築くためのスキルを身に付けてほしいと思います。

令和元年7月10日(水曜日)

龍ケ崎市文化会館において、市英語インタラクティブフォーラムが開催されました。
2・3年生からそれぞれ3名ずつ、計6名が参加しました。
英語での会話を楽しみながら、英語科の先生やAETのマルコス先生と一緒に行ってきた練習の成果を発揮することができました。

令和元年7月9日(火曜日)

本日、実力テストが行われました。どのクラスも真剣に取り組む様子が見られました。
最後まで見直しをする生徒もたくさんいました。

令和元年7月8日(月曜日)

5校時に表彰集会が行われました。
先日行われた市・県南総合体育大会や各種大会で多くの部活動で素晴らしい成績を収めました。
県大会や龍ケ崎大会、新人体育大会にもつながるがんばりでした。

令和元年7月5日(金曜日)

2・3時間目に計画訪問があり、たくさんの先生方が授業参観されました。
どの学級も熱心に学習に取り組み、参観された先生方からたくさんのお褒めの言葉をいただきました。
今後も授業に関する研修を通して、より魅力的な授業づくりをしていきたいと思います。

令和元年7月4日(木曜日)

1年生の美術の授業では、ステンシル版画を制作しています。
アクリル絵の具を用いて、着色の仕上げ段階に入っています。
どんな「世界に1つだけの花」ができるのか、完成が楽しみです。

令和元年7年3日(水曜日)

本日の5、6校時、第2学年では「職業人に話を聞く会」がありました。
職業人の先輩方の話を生徒たちはよく聞いていました。
本校では、キャリア教育に力を入れています。今日の話を自分の将来に生かしていってほしいです。

令和元年7月2日(火曜日)

本日は、小中合同のあいさつ運動が行われました。
八原小学校と城ノ内小学校に分かれて登校してくる小学生へ元気よくあいさつをすることができました。
小学生も、いつもと違った風景に驚いたようでしたが、元気な「おはようございます!」の声を飛び交わせていました。

令和元年7月1日(月曜日)

ボランティア委員では、広島への中学生派遣事業に向けて、千羽鶴をつなげる作業を行いました。
全校生徒が1人1羽、折った鶴です。
平和の祈りが届くと良いです。

お問い合わせ

城ノ内中学校

〒301-0847 茨城県龍ケ崎市城ノ内5丁目3

電話:0297-62-2372

ファクス:0297-60-1618

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-0847 茨城県龍ケ崎市城ノ内5丁目3

電話:0297-62-2372

ファクス:0297-60-1618

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ