このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
龍ケ崎市立城ノ内小学校
本文ここから

校長あいさつ

更新日:2018年11月15日

進んで人とかかわり、主体的に活動するしろっこの育成

学校長 小貫 孝浩

 本校では、「学校生活における仲間との交流や体験活動によって、子どもは自ら育つ力を付けていく。」という教育理念のもと、教育活動を展開しております。
 本年度は、児童が自ら取り組んで「進んで」と仲間と育つ「かかわり」をキーワードとして、「小集団やペアで友だちとかかわり合いながら学ぶ学力と社会性を育む授業」、「子どもたちの生活の舞台である地域を基盤に体験したり、調べたりする活動」、「次の活動へのエネルギーとなる自身と誇りを育む活動」を柱に、「進んで人とかかわり、主体的に活動するしろっこの育成」を目指して、「仲間と育つ学校づくり」を推進してまいります。
 また、平成二十九年度より、城ノ内中学校区が市教育委員会より小中一貫教育の実践研究の指定をうけており、中学校区の教育目標を「夢や希望をもって、心豊かに学び続ける児童生徒の育成」として、義務教育九年間の一貫した指導について、実践や検証を進めてまいります。
 本年度も、保護者や地域の皆様の教育活動へのご理解ご協力をお願いいたします。

仲間づくりを基盤とした楽しい学校づくりの推進

学校長 小貫 孝浩

 城ノ内小学校は、今年で開校17年目を迎えました。
 本校の子どもたちは、全校で黙働(自問清掃)ができることと仲良くたてわり班活動ができることを学校の誇りとしています。
 子どもたちの活動の様子を見ていると、この誇りが「自分たちで学校生活をよくすることができる」という自信となり、主体的な学びや規律ある集団生活、学校行事への積極的な取組の原動力となっているように思います。
 子どもは、仲間との助け合い、トラブルや仲直り、共遊び、身近な生き方モデルとの出会いなどを通して、生きる意欲や人間性、社会性、感性を身に付けていきます。これらは、子どもが自ら育つ力となります。少子化により、地域での集団生活を通して、子どもが様々なことを学ぶ機会が少なくなっており、学校生活における仲間との交流や体験活動は、子どもが自ら育つ力を身に付けるために、益々重要となっています。
 平成29年度は、「仲間づくりを基盤とした楽しい学校づくりの推進」を目標に、人とかかわる活動や地域を基盤とした体験活動を積極的に設定し、教育活動を展開してまいります。保護者や地域の皆様のご理解ご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

城ノ内小学校

〒301-0847 茨城県龍ケ崎市城ノ内5丁目27

電話:0297-62-3160

ファクス:0297-62-3095

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-0847 茨城県龍ケ崎市城ノ内5丁目27

電話:0297-62-3160

ファクス:0297-62-3095

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ