このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

龍ケ崎市民遺産一覧(平成30年度認定)

更新日:2019年4月16日

 平成27年4月からスタートした「龍ケ崎市民遺産制度」に基づき、平成30年度は以下の1物件が新たに「龍ケ崎市民遺産」に認定されました!

女化神社 親子狐の石像

親子狐の石像左

親子狐の石像右


  • 認定年月日:平成31年3月20日
  • 所在地:龍ケ崎市馴馬町5379 女化神社境内
  • 所有者等:女化神社

 龍ケ崎市の飛地にある女化神社の境内に鎮座する、一対の石像である。
 稲荷神社において、狛犬の代わりに狐像が置かれているという例はまれにあるが、女化神社の狐像は同地に古くから伝わる「狐女房の伝説」をモチーフに作られ、三匹の子連れという全国的にも珍しいものとなっている。
 台座の刻印によれば、石像は明治2年(1869)に東京深川の大黒屋藤助・岡田屋宗兵衛の両名から寄進されたものであり、また、制作者は江戸時代末期から明治期にかけて関東近郊で様々な神社の狛犬などを手掛けた東京の石工・安五郎(高橋安五郎)であることが分かり、当時から女化神社の存在や狐女房の伝説が遠方にまで知られ、信仰されていたことが窺われる。

お問い合わせ

教育委員会 文化・生涯学習課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1582

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ