富士浅間神社

公開日 2013年11月01日 00時00分

最終更新日 2016年08月09日 15時20分

富士浅間神社=ふじせんげんじんじゃ(八代町)

富士浅間神社1富士浅間神社2富士浅間神社3

富士浅間神社は社伝によると、鎌倉時代の正治2年(1200)の創建で、駿河国富士郡浅間神社の神鏡を折半してご神体として祀り、五穀豊穣・嬰児生育を祈願したと伝えられています。
その際、6月にもかかわらず雪が降り、その体積地点に神社を建立したともいわれています。
元亀2年(1571)に城主・土岐治英の保護のもとに再興されました。

また子育ての「浅間様」で名高いこの神社では、旧暦の6月1日、子どもの健やかな成長を願って、誕生から数え年7歳まで毎年続けて裏手にある富士山に見立てた小さな山に登る「初山参り」が行われます。
親に連れられた子どもたちは、高さ34.8mの「富士山」にのぼり、山頂の本殿にお参りした後、噴火口をかたどったお鉢を一巡りして初山参りを終えます。
この儀式は今なお受け継がれ、早朝からたくさんの親子連れが山頂を目指します。

問い合わせ先

電話番号 0297-62-1303

お問い合わせ

市民生活部 商工観光課
TEL:0297-60-1536