阿弥陀寺

公開日 2013年11月01日 00時00分

最終更新日 2016年08月09日 15時20分

阿弥陀寺=あみだじ(長沖町)

阿弥陀寺1阿弥陀寺2

北方町にある中沼の手前に、浄土宗阿弥陀寺(正覺山法王院)があります。
慶長2年(1597)道祖和尚の開創と伝えられる、浄土宗鎮西義の寺です。
当初は豊田町にあり、後に長沖に移されたとされています。

本尊の阿弥陀如来はほぼ等身の座像で、頭部は少なめの螺髪を整然と刻み、穏やかな肉取りの躰貌にまとう衣文の彫り口も浅く、平安末期の造像の趣を示しています。
しかし、やや長めの強い張が目立つ面相や左肩から腹、さらに両膝部にかかる衣文にかなりの動きが表れ、両膝部の張りも大きく、安定感を示す造形などから、製作年代は鎌倉時代に下るものとみられています。

現在のところ、市内にある仏像彫刻の中では最も古い像と思われ、県内の鎌倉前期の遺例のなかでも決して遜色ない優れた作品です。
市の重要文化財に指定されています。

なお、本尊の両脇侍像の観音・勢至菩薩、および台座・光背は、江戸時代中期以降に造立されたものと思われます。

問い合わせ先

電話番号 0297-62-2539

お問い合わせ

市民生活部 商工観光課
TEL:0297-60-1536