こども達へのメッセージ(佐藤さん)

公開日 2014年10月17日 09時48分

最終更新日 2014年10月17日 09時48分

佐藤さん

いろいろなことに興味をもって!

いろいろな世界にふれて!

 

 

10さいのころ何になりたかったですか?

科学者になりたかったと思います。新しい世界を開拓(かいたく)したい!
なにかを作るのが好きで、今までにないものを生み出したいという気持ちが強かったです。
何かの分野の第一人者になりたいと考えていました。
でも、色々なものに興味(きょうみ)があって、色々なものになりたかったです。
※開拓・・・切り開くこと

学生のころどんな勉強をしていましたか?何が好きでしたか?

小中学校の時は、絵をかくこと、物を作ることが好きでした。得意ではなかったけれど・・・。
数学やIMG_6346英語も好きで、ALTの先生と英語で会話できるとうれしかったです。
高校2年生の担任(たんにん)が歴史の先生でした。
この出会いで、歴史が面白い!と思い、大学では日本史を勉強しました。
有名人の歴史ではなく、普通(ふつう)の人達の歴史について学びました。
アルバイトではじゅくの個別指導(こべつしどう)をしたり、国際協力の施設で移民(いみん)の人たちのリストの整理や、データベースにしてほぞんしたり、福沢諭吉(ふくざわゆきち)センターで資料(しりょう)の整理などしていました。
将来(しょうらい)は歴史関係の仕事がしたいと思っていました。

しゅうしょく活動の様子を教えてください。

歴史の学芸員、大学のしょく員、行政(ぎょうせい)の仕事のどれかがしたいと考えました。
どれも自分の研究や興味のあることに関係のある分野だったので。
小田原市の学芸員ぼ集に応募(おうぼ)してみました。
ただ、遠くはなれた知らないところでやっていけるかという不安はありました。

龍ケ崎市役所ではたらこうと決めたきっかけを教えてください。

先ぱいのアドバイスや、両親とも公務員(こうむいん)であることもあり、公務員になるなら地元が一番と思いました。
良い点も、改善(かいぜん)すべき点もよくわかるので、自分の力が一番発揮(はっき)できると考え龍ケ崎市役所を受験しました。

龍ケ崎市役所ではたらいて、思い出に残っている事は何ですか?

今年市役所に入り、今、学童ほ育の仕事を担当(たんとう)していますが、6月に初めて学童ルームを1人で回った時が印象強いです。
しゅうしょくするまであまり運転をしたことがなかったので、一人で各学校13箇所に行けるか、自分より長く働いている指導員(しどういん)さん達にきちんと仕事の伝達ができるか、コミュニケーションが図れるかなど不安でした。

これからどんな仕事がしたいですか?

佐藤さん4まずは学童保育の担当として1年やりきり、自分の仕事をしっかり果たすことが目標です。
そこから、青少年育成の仕事やとなりのグループの文化事業など知しきをふやしていきたいです。
歴史が専門(せんもん)でしたが子どもも大好き!
 

どんな仕事の中にも、自分の興味のあることを見つけていきたいです。

 

いま小学校高学年のみんなへのメッセージをお願いします。

ばら色々なことに興味を持って、色々な世界に触(ふ)れてもらいたいです。
私は色々よそ見したりしながら大学院まで行ってしまいましたが、見聞きしたことや体験したことで無駄になっていることは1つもないと思います。
色々なことにチャレンジして世界をひろげて「楽しい!」と思うことをふやしてもらいたいです。

お問い合わせ

市長公室 広報広聴課
TEL:0297-63-2258
FAX:0297-60-1583