こども達へのメッセージ(仲村さん)

公開日 2015年01月29日 15時02分

最終更新日 2015年01月29日 15時02分

仲村君3外に出て、

好きなことや、

やりたいことを 

見つけて!

10さいのころ何になりたかったですか?

そのころは「○○になりたい!」というようなはっきりした目標はありませんでしたが、小学生の時、体を動かすことが大好きで、野球とサッカーをやっていたので「プロ野球選手かサッカー選手になれたらいいなぁ・・・」という気持ちはあったような記憶(きおく)があります

学生の頃どんな勉強していましたか?何が好きでしたか?

小中高と体育が1番好きでした。
また、部活動では、中学校は野球部に入っていました。
当時の城南中学校の野球部は中くらいの強さでした。なんといっても、当時はあの稀勢の里関(きせのさとぜき)が野球部にいた長山中学校が1番強かったです。
中学3年の総体(そうたい)でその長山中学校と対戦し、延長(えんちょう)の果て勝ちました。
あれは熱い試合でした。

その後、ひじをいためて野球は断念(だんねん)し、高校では軽音楽部に入って部活動ライフを満喫(まんきつ)していました。高校の文化祭ではステージの上でライブをやったりすごく楽しかったです。

仲村君1勉強は特に好きではなかったのですが「宿題はぜったいにやる」というのは小学校から高校、大学まで自分の中での約束として続けていました。
当たり前のことかもしれませんが・・・。
テストの時は得意な教科も苦手な教科もそれぞれ目標点を決めてやることで「もっと上を目指そう」と反省したり、「今回は良くできたな」と満足したり、ただやるだけでは終わらないように自分なりに工夫していました。

高校は、周りがとにかく大学に進学する雰囲気(ふんいき)だったので、同じように将来(しょうらい)の仕事を考えることもなく大学に入りました。
大学は人文学部コミュニケーション学科で、英語は成績(せいせき)も良かったことから教員免許(めんきょ)は取得しました。
教育実習に行った時は教師という仕事の大変さを身にしみて知ることができ、とても良い勉強になりました。

就職活動の様子を教えてください。

大学3~4年生になると周りの学生が就職(しゅうしょく)活動で毎日走り回っていましたが、私はまったく就職活動はやっていませんでした。
「とりあえず何でもいいから就職しよう」と言っていた学生もいて、私も就職情報サイトでいろいろな会社や業種を見ていましたが、そのときは「仕事として将来ずっと続けていきたいこと」がありませんでした。

大学2年生の時から市内のゲームセンターでアルバイトをしていました。
仕事内容は接客や機械の調整・修理(しゅうり)などで、そこでは店長や他の社員の方が私を高く評価(ひょうか)してくれていて、仕事もそれなりに楽しくやっていたので「このまま続けてもいいかな」と思い、大学卒業後もそこで仕事を続けました。

龍ケ崎市役所に入所しようと決めた理由を教えてください。

大学卒業後も数年間は変わらずゲームセンターで仕事を続けていましたが、ある年齢になり「このままこの仕事を続けていっていいんだろうか?」となやんでいたころ、「りゅうほー」で「まちづくり市民会議」の募集(ぼしゅう)記事を見かけました。
それは自分の住んでいる「まち」を良くするためにみんなで考えて行動するために市民が集まる場でした。
仲村君2私も何か自分が変わるきっかけになればいいなという軽い気持ちで参加したのですが、メンバーはみんな年齢層(ねんれいそう)が高く、いろいろな意見が聞け、そこで自分の意見も発表させてもらいました。
長年慣れ親しんだ自分の「まち」のために意見を交わしながら動いていくことにとても強いやりがいを感じ「自分の仕事にするならこれだ!」と強く決心しました。

そこから市役所に入るために試験勉強を始めましたが、長年勉強からはなれていたこともあり1回目の試験は落ちてしまいました。
それでも、やっぱり自分の「まち」のために市役所で仕事をしたいという気持ちが強かったので、次の年も試験を受けてなんとか合格(ごうかく)することができました

龍ケ崎市役所の仕事で一番思い出に残っている仕事は何ですか?

危機管理室(ききかんりしつ)という部署(ぶしょ)は「あまり役所らしくない部署」と言われますが、年間を通じてさまざまな業務(ぎょうむ)やイベントがあります。
そこで私は消防団(しょうぼうだん)の事務局(じむきょく)としてイベントの準備(じゅんび)や運営(うんえい)の仕事をしていますが、一番印象に残っているのは入所後まもなく水ぼう協力連らく会の方を連れて排水場視察(はいすいじょうしさつ)をした時の「バスの添乗員」です。
参加人数のかくにんから視察先との調整、また昼食の予約など、準備しなければならないことは多々ありましたが、準備から当日までほぼ1人で対応(たいおう)できたことで、終わった後の達成感はとても強かったです

これからどんな仕事がしたいですか?

今はまだひとつでも多く仕事を覚えなければならない立場ですが、その中でも良いことはどんどんのばし、効率(こうりつ)が悪いことはやり方を変えて少しでもよくできるように、良い意味で市役所を変えていきたいと思っています。

また、入所直前に臨時職員(りんじしょくいん)として働いていた税務(ぜいむ)課の仕事ももう1度やってみたいです。3カ月だけだったので、ちゃんとやってみたいですね。

いま小学校高学年のみんなへのメッセージをお願いします。

一言で言えば「外に出てほしい」ということですね。
スマホやゲームばかりやらずに、体を動かせと言いたいです。
世の中にはいろいろな人がいて、いろいろな場所があって、いろいろな仕事があります。
自分の知らない世界にどんどん足をふみ入れて、いろいろな経験(けいけん)をして、いろいろなことに興味(きょうみ)を持って、視野(しや)を広げて、好きなことややりたいことを見つけていってほしい、いろいろな考えを持てるような人になってほしいです。

お問い合わせ

市長公室 広報広聴課
TEL:0297-63-2258
FAX:0297-60-1583