このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

入院などで高額な医療費を支払った場合、申請をすれば医療費が戻ってくると聞きましたが?また、家族の医療費も合算することはできますか?

更新日:2018年3月1日

医療機関で支払った一部負担金が限度額を超えた場合、申請によりその超えた額が高額療養費として支給されます。ただし、差額ベット代や食事代等の保険適用以外のものは別途支払いが必要です。また、同一世帯で国保に加入している人が、1カ月に一部負担金を21,000円以上支払ったケースが複数あったとき、それらを合計して限度額を超えた分が払い戻されます。なお、「21,000円以上が複数あったとき」とは病院別、外来・入院別及び総合病院では医科・歯科別で計算し、それぞれが21,000円以上だった場合です。なお、高額療養費に該当した場合には保険年金課より通知が届きますので、内容をご確認の上、申請の手続きをお願いいたします。

お問い合わせ

健康づくり推進部 保険年金課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1580

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで
サブナビゲーションここから

よくある質問(国民健康保険)

サブナビゲーションここまで


所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ