このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

悪質商法の種類

更新日:2018年3月1日

ワンクリック請求

パソコンやスマートフォンのアダルトサイトなどで、利用料金や利用規約を明確にせず、消費者がクリックすると「登録完了」「料金〇万円」などと表示し、高額な料金を請求する。

主な商品

アダルト情報サイト、デジタルコンテンツ

無料商法

「無料体験」「無料で閲覧」など「無料」であることを強調して勧誘し、有料の商品、サービスを契約させたり、利用料を請求する商法。

主な商品

アダルト情報サイト、出会い系サイト、デジタルコンテンツ、占いサイト

劇場型勧誘

契約の相手先ではないA社(勧誘業者)が、B社(販売会社)の販売する商品、役務、権利を、購入額を上回る金額で買い取るなどという勧誘を行い、B社と契約するように仕向ける。

主な商品

ファンド型投資商品、公社債、未公開株、仮想通貨

販売目的隠匿

点検と言って訪問したり、投資商品の資料が届いたら連絡がほしい、あるいは不用品の買い取りなどと、意図的に目的を隠して近づき、不意打ち的に契約させようとする。

主な商品

ふとん、投資商品、アクセサリー

点検商法

「点検に来た」「無料で点検する」などと言って家に上がり込み、「水質に問題がある」「ふとんにダニがいる」などと不安をあおり、商品やサービスを契約させる。

主な商品

浄水器、ふとん、耐震工事、床下換気扇、修理サービス

次々販売

言葉巧みに近づいて、消費者が一度契約すると、必要のない商品やサービスを次々と販売して過剰な量の契約をさせる。複数の業者が入れ替わり次々と販売するケースもある。

主な商品

ふとん類、エステ、アクセサリー、リフォーム工事、和服

利殖商法

「値上がり確実」「必ず儲かる」など利殖になることを強調し、投資や出資を勧誘する。

主な商品

株、商品相場、証券、投資信託、分譲マンション、仮想通貨

催眠(SF)商法

路上等で「景品をプレゼントします」「健康によい話をする」と言って人を集め、閉めきった会場で日用品などを次々と無料で配り、雰囲気を盛り上げ興奮状態にして、最終的に高額な商品を売りつける。

主な商品

ふとん類、電気治療器、健康食品

かたり商法(身分詐称)

販売業者が有名企業や市役所、消費生活センターなどの公的機関、適格消費者団体の職員、またはその関係者であるかのように思わせて商品やサービスを契約させる。

主な商品

商品一般、社会保険一般、サラ金、フリーローン

サイドビジネス商法

「在宅ビジネスで高収入が得られる」「資格、技術を身につけて在宅ワーク」などと勧誘し、実際は高額な教材などを売りつけるもの。ほとんどは収入は得られないうえ、支払いだけが残る。

主な商品

健康食品、化粧品、パソコン内職、仮想通貨

キャッチセールス

駅や繁華街の路上でアンケート調査などと称して呼び止めて、喫茶店や営業所に連れて行き、不安をあおるなどして商品やサービスを契約させる。

主な商品

化粧品、美顔器、エステ、絵画

アポイントメールセールス

「抽選に当たったので景品を取りに来て」「特別モニターに選ばれた」などと販売目的を明らかにしないで、または著しく有利な条件で取引できると言って、電話や郵便で喫茶店や事務所へ呼び出し、契約しないと帰れない状況にするなどして商品やサービスを契約させる。

主な商品

アクセサリー、複合サービス会員、教養娯楽教材

デート商法

出会い系サイトやまちがい電話、メールで販売目的を隠して近づき、勧誘時に言葉巧みな話術で好意を抱かせ、それらにつけ込んで商品を販売する商法。異性の感情を利用して断りにくい状況で勧誘し、契約を迫る。契約後、行方をくらますケースが多い。

主な商品

アクセサリー、婦人服、絵画

マルチ商法

販売組織の加入者が消費者に商品などを契約させて、その販売組織に加入させることによりマージンを得るしくみの商法。ネットワークビジネスなどと説明する場合もある。消費者にとっては勧誘時のもうけ話と違って思うように売れず、借金と商品の在庫を抱えることが多い。

主な商品

健康食品、化粧品、浄水器、仮想通貨

当選商法

「懸賞金が当たった」「当選した」「景品が当たった」などと特別な優位性を強調して消費者をだまし、お金を支払わせる商法。

主な商品

海外宝くじ、放送サービス、電話情報提供サービス、アクセサリー

消費生活に関するご相談・お問い合わせ先

消費生活センター

  • 電話:0297-64-1120
  • 時間:午前10時から午前11時30分/午後1時から午後4時30分 
    ※土日・祝日・年末年始を除く

電話対応も承っております

お問い合わせ

産業経済部 商工観光課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1584

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ