このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

アマゾン等をかたる架空請求に注意してください!

更新日:2018年7月3日

全国的に、アマゾンジャパン合同会社等を騙り、SMS(ショートメッセージサービス)を用いて会員登録料や有料動画サイト等の未納料金といった名目で金銭を支払わせようとする架空請求が発生しており、消費者庁より以下のような注意喚起がありました。
皆さんも注意されるとともに、被害にあわれる方が出ないよう、ご家族・知人などともお互いに注意を促し合いましょう。

消費者庁からの注意喚起情報

消費者の携帯電話に、「有料動画の未納料金があります。本日中にご連絡無き場合は、法的手続きに移行いたします。アマゾン●●社」等の内容でショートメール(SMS〔ショートメッセージサービス〕)を送信して、記載された電話番号に連絡してきた消費者に対して「支払わないと訴訟になります」「今月中に支払えば、後日返還されます」等と告げ、有料動画等の未納料金の名目で金銭を支払わせようとする事業者に関する相談が、各地の消費生活センター等に寄せられています。

なりすましに使われた事業者名称

アマゾンをかたる事業者は、実在するアマゾン【通販サイト「Amazon.co.jp」で商品の販売等を行うアマゾンジャパン合同会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1)又はその関連会社】と同一又は類似の名称を使用していますが、実在するアマゾンとは全く無関係です

実際に使用された事業者名など

  • アマゾン
  • アマゾンジャパン
  • アマゾンカスタマーセンター
  • アマゾンサポートセンターなど

いずれも「アマゾン」を含む名称を騙っています。
「アマゾン」を含む名称を使用せず、「相談窓口」や「カスタマーセンター」等として連絡先を記載しているケースもありますが、記載された電話番号に連絡すると「アマゾン●●の●●です」と名乗って対応します。

消費者庁からのアドバイス

  • 実在するアマゾンはSMSで未納料金を請求することはなく、未納料金の支払方法として利用者にギフト券を購入させてその番号を連絡させることはありません
  • 「本日中に連絡がない場合は、法的手続(訴訟)に移行する」などというSMSは典型的な詐欺の手口です。
    相手を脅かし、せき立てて冷静な判断力を失わせようとする典型的な詐欺の手口です。
  • ギフト券等の前払式電子マネーを購入してその番号を連絡しろというのは典型的な詐欺の手口です。

悪質事業者がよく指示する支払方法

いずれも典型的な詐欺の手口です。絶対に連絡しないでください!

  • コンビニエンスストアで消費者にギフト券を購入させて、その番号を連絡させる。
  • 消費者にギフト券の支払番号を伝え、コンビニエンスストアのレジで支払わせる。
  • コンビニエンスストアでギフト券以外の前払式電子マネーを購入させ、その番号を連絡させる。
  • 現金をレターパックや宅配便に入れて送付させたり、手渡しさせる。

詐欺的な行為を行う事業者らが、実在する事業者名をかたるという事案が、頻発しています。
聞き覚えのある事業者名だからといって安易に信用せず、話の内容等をよく確認しましょう。
このようなSMSや電話での要求に「おかしいな」と思ったら、各地の消費生活センター等や警察に相談しましょう。
消費生活センター等では、消費者から相談を受け、トラブル解決のための助言や必要に応じてあっせんを無料で行っています。

相談窓口

消費者ホットライン

188(いやや!)
最寄りの消費生活センター等をご案内します。局番なし。

龍ケ崎市消費生活センター

0297-64-1120

警察相談専用電話

#9110(局番なし)

お問い合わせ

産業経済部 商工観光課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1584

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ