このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

龍ケ崎市トップへ

  • 音声読み上げ・ふりがな/文字拡大・色の変更
  • Multilingual
  • 市民活動
  • 住民自治組織
  • 地域コミュニティ
  • コミュニティセンター
  • 市民活動センター・市民交流プラザ
本文ここから

令和元年度 協働事業提案を募集いたします

更新日:2019年5月7日

協働事業提案制度は、地域の課題や社会的課題の解決を目指した事業の提案を募集し、市民と市が協働で実施する制度です。

募集について

募集期間

令和元年5月7日(火曜日)から6月14日(金曜日)まで(土曜日・日曜日・祝日は除く)

募集事業

市民提案型協働事業

市民が自ら企画し提案する協働事業

行政提案型協働事業

市があらかじめテーマや事業の概要を示し、これに基づき市民が具体的な事業内容を提案する協働事業

令和元年度テーマ(1)住民主体の運営によるオレンジカフェ(認知症カフェ)

家族に認知症の方がいることは、最近では珍しくはありません。認知症の方が外出するきかっけにもなるオレンジカフェは、気軽にお茶を飲みに行く感覚で出かけられる場所です。リラックスした雰囲気の中、お茶を飲んだりお菓子をつまみながら、困りごとなどを「おしゃべり」したり、物忘れを感じている方も、まだそこまでではないがおしゃべりを楽しみたい方も、日々の不安やストレスからちょっと解放される、そんなカフェを運営していただける団体を募集します。

令和元年度テーマ(2)まごのて(仮称)-近所のちょっとしたお手伝い-

いつまでも変わらず地域で暮らし続けたいという住民の希望をかなえていくため、市は現在、地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいます。その実現には自治体が生活のセーフティネットを整備することと同時に、地域住民が主体となり、暮らしに必要な機能やサービスを補っていく取組みも期待されています。「まごのて(仮称)」は、主として独居高齢者など支援が必要な方に対して、買い物や散歩の同行、ゴミ出しなどの支援を行う活動であり、今後、介護予防・日常生活支援総合事業の中に整備することも検討しています。協力していただける団体を募集します。

アイデア提案

市内に在住、在勤、在学等の個人または市内に事務所を有する法人・団体、もしくは市内に活動拠点のある団体が、市政全般にわたる施策へのアイデアを提案するもの

提案者の要件

市民提案型協働事業・行政提案型協働事業

市内に事務所を有する法人・団体または市内に活動拠点のある団体(ただし、原則5人以上の会員で組織されており、提案時点でおおむね1年以上活動していること等の要件があります。)
※宗教的活動・政治的活動を目的とする団体、市役所に事務局を置く団体等は除きます。

アイデア提案

市内に在住、在勤、在学する個人または市内に事務所を有する法人・団体、若しくは市内に活動拠点のある個人・団体

募集要項

詳細については、下記の募集要項をご覧ください。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。令和元年度協働事業提案制度募集要項(市民提案型、行政提案型)(PDF:289KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。令和元年度協働事業提案制度募集要項(アイデア提案)(PDF:205KB)

申請様式

申請に必要な様式は、下記からダウンロードしてください。
申請書ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民生活部 コミュニティ推進課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1584

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

Copyright©RYUGASAKI CITY. IBARAKI PREF, JAPAN. ALL Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る