このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

消費生活緊急情報!(龍ケ崎市消費生活センター)

更新日:2018年9月21日

消費生活緊急情報(お知らせ)

ニセ電話詐欺が発生

7月に入って、龍ケ崎警察署管内で2件のニセ電話詐欺が発生しています。
1件は、市役所職員を騙る男から「過払い金を返金したい。」との電話があり、キャッシュカードを手渡してしまいました。
もう1件は、夫を騙る男から「会社の取引のために現金が必要だ。」との電話があり、現金220万円を手渡してしまいました。
見ず知らずの者に大切な通帳やキャッシュカード、現金を手渡したり、暗証番号を教えたりしないようにしましょう。
このような電話はニセ電話詐欺ですので、不審な電話がかかってきた際には、決して一人で判断せず、家族などに相談しましょう。
または、竜ケ崎警察署(電話:0297-62-0110)まですぐ相談してください。

消費生活相談

市では、消費生活の安定を図り、消費者の利益を守るために、消費生活センターを設置しています。
情報化の進展や規制緩和等により複雑・多様化する消費生活の中、通信販売や訪問販売などにおける契約トラブルが後を絶たない状況です。
おかしいな・不審だなと思ったら、すぐ消費生活センターへ相談しましょう。

龍ケ崎市消費生活センター相談窓口のご案内

  • 相談日:月曜日から金曜日まで(土日祝日・年末年始を除く)
  • 受付時間:午前10時から午前11時30分まで、午後1時から午後4時30分まで
  • 対象者:龍ケ崎市民、龍ケ崎市在勤・在学者
  • 相談方法:来所または電話
  • 電話:0297-64-1120
  • 住所:龍ケ崎市3710番地(龍ケ崎市役所市民生活部商工観光課内)

相談日以外の相談窓口は国民生活センターホームページ(外部サイト)新規ウインドウで開きます。をご覧ください。

悪徳商法

悪質商法にあわないための、訪問販売を受けたときの注意
悪質商法の種類

クーリング・オフ制度

クーリング・オフ制度
クーリング・オフは消費者に、いったん契約した後でも本当に必要な契約であるかどうかを冷静に考える期間を認めるもので、訪問販売等による取引の場合、契約(申込み)のための書面を受け取った日を含めて8日以内(マルチ商法等は20日間)であれば理由なしで一切の不利益も受けずに契約の解除(申込み撤回)ができる消費者保護の制度です。

消費者契約法

消費者契約法
平成13年4月1日に施行された消費者契約法は、消費者と事業者とのあいだを結ぶすべての契約を対象とした新しいルールです。

多重債務

多重債務
多重債務とは、複数の借入先から返済能力を超えて借金している状態をいいます。

消費者関連情報

国民生活センター:国民生活センター発表の最新注意喚起情報(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
国民生活センター:国民生活センター見守り情報(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
消費者庁:「ご注意ください!」情報(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
茨城県消費生活センター:いばらき消費生活なび(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

高齢者向け悪質商法・ニセ電話詐欺被害防止街頭キャンペーン

高齢者は一般的に「お金」「健康」「孤独」という3つの不安を抱えているといわれています。
悪質業者はこれらの不安をあおり、また、親切そうな態度で信用させて、年金・貯蓄などの財産を狙っています。また、子や孫を装い、もしくは警察官や銀行員などを装ってニセ電話をかけ、現金を窃取する詐欺も後を絶ちません。
茨城県では悪質商法やニセ電話詐欺による高齢者被害を未然に防止するため、毎年9月を「高齢者向け悪質商法等被害防止キャンペーン」期間とし啓発活動を実施しています。

お問い合わせ

産業経済部 商工観光課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1584

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ