このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

平成31年度(平成30年分)給与支払報告書の提出について

更新日:2018年11月26日

平成30年分の給与支払報告書の提出期限は平成31年1月31日(木曜日)です

平成31年度(平成30年分)の給与支払報告書(総括表)は、11月26日(月曜日)に発送しました。
期限内のご提出にご協力をお願いいたします。

平成31年度(平成30年分)の変更について

従来、給与支払報告書(総括表)とは別に、記載方法等を掲載したパンフレットを同封していましたが、平成31年度より、給与支払報告書(総括表)と記載方法を1枚の用紙にまとめました。用紙上部の記載方法、宛名が書かれた部分をミシン目で切り離してご提出ください。

給与支払報告書の提出について

平成31年1月1日現在において給与の支払いをする法人又は個人で、給与に係る源泉徴収義務がある場合は、給与の支払いを受けている方(受給者)の住所地(平成31年1月1日現在)の市町村に、1月31日までに、給与支払報告書を提出してください。
報告書の提出がない場合は、課税所得証明書の発行や、国民健康保険税の算定に影響がでることがあり、住民税の申告が必要となる場合があります。

退職者の給与支払報告書について

年の途中に退職した方については、支払金額が30万円を超える場合には、給与支払報告書の提出が法律で義務付けられています。
支払金額が30万円以下の方については法律上の義務はありませんが、全ての退職者について、給与支払報告書を提出してください。
また、平成30年度中に特別徴収を行っている方が退職された場合、給与所得者異動届出書新規ウインドウで開きます。も別途ご提出ください。

個人事業主の方の個人番号および法人番号の記載について

個人事業主の方が給与支払報告書の提出者となる場合

個人事業主の方の個人番号を右詰めで記載し、併せて提出者の個人番号が分かる書類(通知カード等)と身元確認書類(運転免許証等)の写しを添付してください。
マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方であれば、マイナンバーカードの表面及び裏面の写しが確認書類となります。

法人等が給与支払報告書の提出者となる場合

法人番号の記載が必要となります。
法人番号の確認は『国税庁法人番号公表サイト(外部サイト)新規ウインドウで開きます。』で行うことができます。

給与支払報告書の提出方法

給与支払報告書をご提出の際は、下記の順番に重ねてご提出ください。

  1. 総括表
  2. 個人別明細書(特別徴収分)
  3. 普通徴収切替理由書兼仕切紙
  4. 個人別明細書(普通徴収分)

給与支払報告書提出方法


平成29年度(平成28年分)から個人番号(マイナンバー)又は法人番号が必要となりました。
記載方法については上記をご確認ください。

普通徴収切替理由書について

平成27年度から特別徴収の一斉指定を行っています。一斉指定の開始により、普通徴収となる従業員がいる場合には、普通徴収切替理由書の提出をお願いします。普通徴収切替理由書の提出がない場合、原則どおり、特別徴収対象者となります。
また、システムの改修が間に合わない等、相当な理由により特別徴収が困難な時は、誓約書(市・県民税特別徴収実施困難理由申出書兼開始誓約書)を提出することで1年間特別徴収の猶予を認める場合があります。
猶予の申請をする場合には、総括表を提出していただく際に個人別明細書の摘要欄に『普通徴収』と明記し誓約書と併せて提出ください。

特別徴収一斉指定の取組については、『個人住民税の特別徴収義務者一斉指定について』をご覧ください。

個人住民税の納期特例について

納期特例とは、個人住民税の特別徴収義務者のうち、給与等の支払いを受ける者が常時10人未満(龍ケ崎市以外も含む)である場合に、申請することにより、特別徴収税額を年2回(12月、翌年6月)にわけて納入できる制度です。納期の特例に関する承認申請書は以下からダウンロードください。

給与支払報告書(総括表)関係様式


ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。平成31年度給与支払報告書(総括表)・普通徴収切替理由書兼仕切紙(PDF:412KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。総括表の記載方法(例)・お問い合わせ及び提出先(PDF:184KB)

  • 住民税を普通徴収(個人納付)にする方がいる場合、普通徴収切替理由書を必ずご提出ください。
  • また、普通徴収とする方の個人別明細書の摘要欄に該当する符号(普A、普Bなど)を記載してください。
  • 新規採用や中途入社の方の前職分給与を含む場合、対象者の個人別明細書の摘要欄に前職分の事業所名・給与収入額・社会保険料・源泉徴収税額を必ず記載してください。記載がない場合、前職分が二重に計上されてしまいます。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。誓約書(特徴困難理由申出兼開始誓約書)(PDF:103KB)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。個人住民税特別徴収税額の納期の特例に関する承認申請書(エクセル:19KB)

eLTAXをご利用ください

eLTAXでの給与支払報告書の提出について

eLTAXで給与支払報告書を提出する場合は、普通徴収切替理由書の提出は不要です。なお、普通徴収が認められる場合は、普通徴収切替理由書に該当する場合のみとなります。提出の際には、必ず普通徴収欄にチェックを入力し、個人別明細の摘要欄に該当する符号(切替理由書に記載されている普A~普F)の記載をお願いします。

eLTAXとは

eLTAX(エルタックス:地方税ポータルシステム)とは、地方税に関する手続きをインターネットを通じて行うことができるシステムです。

インターネットを利用することにより、給与支払報告書を郵送することなく、自宅やオフィスのパソコンから手続きを行うことができ、一度の手続きで複数の自治体へ、給与支払報告書を送信することができます。

詳しくは、地方税ポータルシステムホームページをご覧ください。

http://www.eltax.jp/(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

給与支払報告書の光ディスク等による提出について

給与支払報告書の提出や税額の通知の受領を光ディスク(磁気媒体)で行う場合は、「給与支払報告書の光ディスク等による提出承認申請書」を提出願います。

詳しくは、こちらをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民生活部 税務課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1580

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ