「災害時における燃料の優先供給」並びに「災害時における電気設備の復旧」に関する協定を締結しました。

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2013年11月01日

このたび龍ケ崎市は、先の東日本大震災の教訓をもとに、災害対応の充実強化を図るため、『防災の日』の本日9月1日に、茨城県石油商業組合牛久・龍ケ崎支部並びに一般財団法人関東電気保安協会茨城事業本部土浦事業所と、以下のとおり災害協定を締結しました。

協定名称・相手方・内容

「災害時における燃料の優先供給等に関する協定」

○茨城県石油商業組合牛久・龍ケ崎支部

災害発生時または災害発生の恐れがある場合に、当市が燃料供給を要請した際、組合から優先的に燃料を供給していただき、これにより円滑な災害対策を実施し、被災者の救援及び公共施設の応急復旧について迅速化を図ります。

また、市民の生命を守り、または市民生活の安定に不可欠な業務を担う民間事業者等への燃料供給についても市が要請できると共に、給油所等における帰宅困難者に対するトイレ提供などの支援を要請し、災害直後の市民生活の安定に取り組みます。

「災害時における電気設備の復旧に関する協定」

○一般財団法人 関東電気保安協会 茨城事業本部 土浦事業所

地震、風水害などの大規模な災害等が発生した場合に、次の事項について市が要請することにより、ご協力いただきます。

(1)電気復旧に際して、送電可否の判断

(2)電力確保に関する試験、測定及び助言

kyoutei-teiketsu.JPG

(左より:中山一生 龍ケ崎市長、松本邦夫 一般財団法人 関東電気保安協会 茨城事業本部 土浦事業所長)

問合せ先

【燃料優先供給等協定】 資産管理課 管財・営繕グループ

【電気設備復旧協定】 危機管理室 危機管理政策グループ

お問い合わせ

総合政策部 資産管理課
TEL:0297-60-1533