市の地球温暖化対策の取り組み結果を公表します

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2013年11月01日

平成24年度の燃料等使用量及び温室効果ガスの排出量について

 市では、龍ケ崎市第3次地球温暖化防止実行計画(平成24年8月策定)に基づき、市の公共施設で使用する燃料や電気の使用量及び温室効果ガス(二酸化炭素)の排出量の削減取り組みを推進しています。

 これまでも、クールビズ及びウォームビズの推進、緑のカーテン事業の推進、職員によるエレベーター利用の自粛、昼休みの消灯(窓口業務を除く)や照明器具の間引き、近距離公務の自転車利用、県庁などへの相乗り推進、低公害車・軽自動車への転換、エコドライブの推進など幅広い取組みを実践していましたが、平成24年度は、新たな取組みとしまして、本庁舎やコミュニティセンター等でのよしず・すだれの利用推進及び本庁舎(1階の一部)へのLED照明導入などを行いました。

 その結果、龍ケ崎市第3次地球温暖化防止実行計画の基準年度(平成19年度)と比較して平成24年度の燃料や電気の使用量及び温室効果ガス排出量につきましては、全ての項目で減少(0.7%~21.5%)となっています。

 しかしながら、平成23年度との比較でみると燃料及び電気の使用量は、ガソリンを除いて増えており、温室効果ガスの排出量も増えている結果となっています。これにつきましては、平成23年度は東日本大震災に伴う福島第一原発事故の影響による電力不足が生じた結果、施設の開設時間の変更やエアコンの使用制限等を実施しましたが、平成24年度は、電力の供給状況に留意しながら各施設利用者の利便性を考慮し福島第一原発事故前の運営形態に戻した結果が大きな要因となっています。

 市民の皆様方には、ご不便をおかけいたしましたが、ご理解並びにご協力をいただきましてありがとうございました。また、今年度につきましても、様々な節減の取組みを実施していますので、引き続き、ご理解並びにご協力をお願いします。

 

 平成24年度の取組結果の実績につきましては、こちら(43KB; PDFファイル)をご覧ください。

お問い合わせ

都市環境部 環境対策課
TEL:0297-60-1538

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード