あなたの犬や猫がご近所から好まれていますか!

公開日 2014年12月19日

最終更新日 2014年12月19日

基本原則

(1)犬や猫の避妊・去勢手術を受けましょう
・飼い主は、生まれてくる子犬や子猫の将来に責任を持たなければなりません。無計画な繁殖をして不幸な命を作らないために、『生まれない手術』、『生ませない手術』を受けましょう。

(2)動物の習性等を正しく理解して飼いましょう
・飼育場所を清潔に保ち、正しいしつけと健康管理をして臭いや鳴き声等が、ご近所の迷惑にならないようにしましょう。しつけや飼い方等は、最寄りの動物病院に相談してください。

(3)動物による感染症の知識を持ちましょう
・動物から人にうつる病気(動物由来感染症)があることを知っておきましょう。犬は登録と狂犬病予防注射を受けましょう。

(4)動物の所有者を明らかにするように努めましょう
・連絡先がわかるよう名札をつけましょう。犬を飼っている方は、訪問者にわかりやすい場所に、犬を飼っているむねの表示をしておきましょう。飼い犬がいなくなった場合や犬を保護した場合は、市役所環境対策課のほか、茨城県動物指導センター(電話0296-72-1200)や竜ケ崎警察署にも知らせましょう。

(5)犬を放し飼いにしないようにしましょう
・散歩のときも、引き綱をつけましょう。

(6)犬による咬傷事故に注意して防止しましょう
・飼い犬が人に危害(人をかんだ等)を加えた場合は届け出が必要です。

(7)排泄物の処理を適正に行いましょう
・散歩中に「糞」をしたときは、かならず持ち帰り適正な方法で処分しましょう。猫は、専用のトイレを用意し、決まった場所でさせましょう。

ダウンロード 飼い主のルールとマナー

□■関連■□

犬の登録について

ペットが死亡したときは

□■参考■□

茨城県動物指導センター

(社)茨城県獣医師会

お問い合わせ

都市環境部 環境対策課
TEL:0297-60-1538

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード