ブタクサの除去にご協力ください

公開日 2013年11月18日

最終更新日 2013年11月15日

  近年、秋に花粉症に悩む人が増加してきています。代表的なものがブタクサ(北アメリカ原産のキク科の植物)によって引き起こされ、今や、日本人の約6人に1人の割合で発症し、スギやヒノキの次に患者数が多いと言われています。
 ブタクサは、89月に枝先にできる花の花粉が風で飛散することで、花粉症の原因となっていますので、土地を所有または管理されている人は、花粉症の原因となるブタクサ等の雑草が繁茂しないようにするとともに、雑草などによる火災や害虫の発生を防ぐため、適正な管理をしていただきますようお願いいたします。


 80400_b

お問い合わせ

都市環境部 環境対策課
環境保全グループ
TEL:0297-60-1538