マダニからうつる感染症について~重症熱性血小板減少症候群(SFTS)~

公開日 2014年03月07日

最終更新日 2014年03月07日

 最近,マダニによる新規の感染症が発見されています。2013年3月から12月現在,40人の方が重症熱性血小板減少症候群(SFTS)と診断され,そのうち11名の方が亡くなられています。

西日本に患者が発生していますが,厚生労働省においてマダニの調査をしたところ,これまでに患者が報告された地域以外でもSFTSウイルスを保有したマダニが見つかっています。

SFTS患者の発生が確認されていない地域でも注意が必要です。

 マダニは,活動が低下する冬季には患者数が減りますが,春と秋にはマダニの活動が活発になります。これからの季節,草むらや森林で活動する際は,マダニに咬まれないよう予防しましょう。 

詳しくは下記のサイトを参考にしてください。

参考

マダニ対策パンフレット「マダニ対策、今できること」 (感染研・昆虫医科学部)

厚生労働省ホームページ 「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts.html
国立感染症研究所ホームペー重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」
http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/3143-sfts.html
「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの国内分布調査結果(第一報)」
http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/sfts-iasrs/3864-pr4043.html
病原微生物検出情報(IASR)速報
http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/sfts-iasrs/4428-pr4094.html

====================
茨城県保健福祉部保健予防課健康危機管理対策室
電話 029-301-3219
いばらき感染症情報センターホームページ
 http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/hoken/yobo/kansen/idwr/index.html              

服装景色

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課(保健センター)
TEL:0297-64-1039
FAX:0297-64-5027