下水道の日

公開日 2014年09月12日

最終更新日 2014年09月10日

9月10日は「下水道の日」です!!

「下水道の日」とは、1961年(昭和36年)、全国的に遅れていた下水道の普及(当時の普及率:6%)を図るために、このアピールを全国的に展開するために定められた「全国下水道促進デー」がその始まりです。
その後、2001年(平成13年)に、旧下水道法制定100周年を記念し、また、21世紀のスタートの年にあたることなどから、より親しみのある名称として「下水道の日」に変更となりました。

なぜ9月10日なのか?

下水道の大きな役割のひとつとして、「雨水の排除」という役割があります。
台風のシーズンである「二百十日(にひゃくとおか)」を過ぎた、「二百二十日(にひゃくはつか)」が適当であるとされ、9月10日に定められました。
(立春から数えて210日目が二百十日、220日目が二百二十日といいます。)

活動内容

茨城県では、9月10日の「下水道の日」にちなみ、茨城県下水道促進週間を設け、県民に下水道への理解を深めてもらうため、「茨城県下水道促進週間コンクール」を実施しています。県内の小中学生及び一般人を対象に、下水道をテーマとした絵画・ポスター、作文、書道、新聞、標語の各種部門の作品を募集しています。龍ケ崎市内からもたくさんの作品が集まっています!!

また、龍ケ崎市では、庁内に啓発ポスター、のぼりを設置し、9月10日には、庁内で啓発活動を実施しました。

下水道の日啓発活動

今後とも、下水道事業へのご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

都市環境部 下水道課
TEL:0297-60-1552