流通経済大学との連携などで市立中学2年生全生徒に、救命法の授業を行い、修了時に〝特製「まいりゅう」缶バッチ修了証〟を贈呈しました。

公開日 2016年02月13日

最終更新日 2016年02月13日

当市は、市内を日常生活圏とする こどもたちが、心停止事例に遭遇した際に、勇気をもって胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行い、同時に、コンビニエンスストアや市立小中学校屋外などに設置のAEDを積極的に使用することで、救命の可能性を向上できるものと捉え、こうした地域に根ざした こどもたちの力の活用を目的に、今年度その体制・環境の整備として、流通経済大学(野尻 俊明学長)と日本赤十字社茨城県支部との連携により、小中学生に対し、積極的に救命法を学ぶための授業を行っております。そして2/10現在までに、市立中学校全6校の2年生全員と、市立大宮小(6年生)および川原代小(5・6年生)の合計約800人が同授業を行い、また龍ケ崎小(5年生)が2月中に同様の授業を行う予定です。

なお当市は、今年度より救命法の授業を修了した生徒・児童に、当市マスコットキャラクター「まいりゅう」をあしらった特製缶バッチ修了証を贈呈しています。授業を通じて、具体的に救命法を学び、そして通学かばんなどに、このバッジを着けることにより、こどもたちに、「自分もAEDを使える=人を助けることができる」ことの自己肯定感を育むことで、人間形成のための教育的機会と考えております。

そして今後も救命法の授業を継続的に行っていくことで、救命率の向上など、地域全体の強みにつながるものと考えております。

DSC_2109     まいりゅう特製缶バッチ修了証(茨城県龍ケ崎市)

関連ワード

お問い合わせ

危機管理課
TEL:0297-60-1514