酒井 重典 気象予報士の派遣期間満了を迎え、離任セレモニーを行いました。

公開日 2016年09月30日

最終更新日 2016年09月30日

平成28年度 気象庁モデル事業 龍ケ崎市防災気象解説担当 酒井 重典 気象予報士には、

本日9月30日をもって、この6月1日から4か月にわたる当市への派遣期間満了を迎えました。

離任に際して、市役所本庁舎1階市民ホールにおいて、中山 一生 市長ほか多くの市職員が

見送るなか、離任セレモニーを行いました。

この派遣期間中において、酒井様には、市内小中学校7校において特別授業を行い、

また市民防災フェア2016講演会などの講演は、9回を数えるなど、気象に関する知識を

幅広い職種及び世代にご教示いただきました。

また、関東地方への台風接近など災害対応時には、職員とともに、市災害対策本部業務に

昼夜を分かたず従事いただき、刻々と変化する気象状況を読み解き、市の対応方針を

決定するための的確なご助言をいただきました。

離任にあたり酒井様は、「龍ケ崎市が、全国の市町村のなかでも防災体制・防災対応の

モデルとして、評判となることを期待します。」とご挨拶され、勇躍退庁されました。

今回の事業を通じて、酒井様が、当市の防災全般に対して残された多大な功績は、枚挙に

いとまがありません。

短い期間ではありましたが、酒井様には、いろいろと大変お世話になりましたこと、

あらためて深謝を申し上げます。

離任セレモニー

関連ワード

お問い合わせ

危機管理課
TEL:0297-60-1514