1歳未満のお子さんには、はちみつを与えないでください

公開日 2017年04月13日

最終更新日 2017年04月13日

都内において、はちみつの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事例がありました。

乳児ボツリヌス症は1歳未満の乳児に特有にみられる病気です。体の中に取り入れられたボツリヌス菌が腸管内で毒素を産生することで起こります。腸内フローラが大人と異なるために起こる病気です。

症状

便秘・筋力の低下・泣き声が小さくなる等。

原因食品

主にはちみつ。原因不明の事例も多い。

予防方法

1歳未満の乳児には、ボツリヌス菌に汚染される可能性のある食品(はちみつ等)を食べさせないこと。

(食べ物や飲み物にも混ぜないこと)

※はちみつ自体は、リスクの高い食品ではありません。1歳未満の乳児にはちみつを与えてはいけませんが、1歳以上の方がはちみつを摂取しても、本症の発生はありません。

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課(保健センター)
TEL:0297-64-1039
FAX:0297-64-5027