龍ケ崎市民環境会議とは?

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2013年11月01日

龍ケ崎市民環境会議とは



龍ケ崎市民環境会議は、事業者・市民・市民団体から構成されており、平成14年12月に設立されました。環境基本計画を策定する際に、望ましい環境像、目標、取り組み事項及び重点施策など、計画に盛り込む事項について協議し、市に提言を行うなど、本市の環境行政に大きく関わってきました。
現在は、環境基本計画で掲げた望ましい環境像「ゆたかな自然と人が調和した くらし良いまち 龍ケ崎」を実現するため、環境基本計画で定めている15の環境項目に沿った5つの専門部会( 生活環境部会、水・大気環境部会、自然環境部会、文化環境部会、環境学習部会)を設置して、本市の良好な環境を将来の世代に継承するため、市・事業者・市民・市民団体の協働体制のもと、環境保全活動に努めています。
なお、市民環境会議の組織構成は、全会員で構成される「全体会」、市民環境会議の会長、副会長及び各専門部会の部会長・副会長で構成される「役員会」、5つの「専門部会」から構成されています。


 

市民環境会議の組織図
市民環境会議の組織図


 
市民環境会議の関連図
市民環境会議の関連図

 

○全体会
環境基本計画に基づく各施策の展開について、各専門部会に付議し、役員会からの報告に基づいて市民環境会議の全体に係ることについて決定することとしています。

○役員会
各専門部会の進捗状況の調整を行うとともに、市民環境会議の基本的事項について協議し、全体会へ報告することとしています。

○専門部会
環境基本計画に基づき各施策の企画立案及び実践活動を行い、その進捗状況を役員会に報告することとしています。



 
    次ページ
次のページ
 

お問い合わせ

都市環境部 環境対策課
TEL:0297-60-1538