男女間のあらゆる暴力の根絶

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2016年10月24日

暴力は、その対象の性別や加害者・被害者の間柄を問わず、決して許されるものではありません。しかし、配偶者や恋人間での暴力であるドメスティック・バイオレンス(DV)*1やデートDV*2の他、一般にセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)*3が、大きな社会問題になっており、被害者の多くは女性という現状にあります。こうした女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で克服すべき重要な課題です。

*1ドメスティック・バイオレンス(DV)

…夫婦やパートナー間で発生する暴力のこと。殴る、蹴るなどの身体的暴力ばかりでなく、精神的暴力や経済的暴力、性的暴力なども含まれる。

*2デートDV

…高校生や大学生など若者の間でも、親密な関係における暴力が発生しており「デートDV」と呼ばれている。将来、夫婦間のDVにつながることも懸念されている。

*3セクシュアル・ハラスメント

…他の者を不快にさせる性的な言動、いやがらせ。

bomark.jpg

【女性に対する暴力根絶のためのシンボルマーク (内閣府男女共同参画局制定)】

**** 一人で悩まないでご相談ください ****

性別による差別や人権侵害(ドメスティック・バイオレンスやセクシュアル・ハラスメントなど)を受けた時、事態の改善に向けご相談に応じます。秘密は厳守します。

DV(ドメスティック・バイオレンス)のご相談

  • 相談日時 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分 (※祝日・年末年始を除く)
  • 相談場所 市役所1階 こども課

DV以外のご相談

  • 相談日時 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分 (※祝日・年末年始を除く)
  • 相談場所 市役所3階 市長公室

関連リンク集

女性に対する暴力の根絶(内閣府男女共同参画局)

ダイヤ配偶者からの暴力被害者支援情報

ダイヤDV相談ナビ

女性に対する暴力(茨城県女性青少年課)

警察による犯罪被害者支援(警察庁犯罪被害者支援室)

お問い合わせ

市長公室 秘書課
TEL:0297-60-1511