龍ケ崎市災害時要援護者避難支援プランについて

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2013年11月01日

1.目的

近年、台風や地震等による災害時において、避難に時間を要する高齢者等の被災が目立っていることから、災害時要援護者が円滑かつ迅速に避難するための支援体制を整えておくことが重要となっています。

『龍ケ崎市災害時要援護者避難支援プラン』は、市域において災害が発生した場合に、安全な場所に避難するなどの一連の行動をとるのに支援を要する災害時要援護者の生命・身体を守るため、要援護者の自助と地域の共助を基本として、迅速かつ的確な避難支援体制の整備を図ることにより、地域の安心・安全体制を強化することを目的としています。

●災害時要援護者避難支援プラン【概要版】 (1271KB; PDFファイル)

●災害時要援護者避難支援プラン【全体計画】 (235KB; PDFファイル)

○災害時要援護者避難支援【支援をする人のために】P1 (256KB; PDFファイル)

○災害時要援護者避難支援【支援をする人のために】P2 (200KB; PDFファイル)

○災害時要援護者避難支援【支援をする人のために】P3 (194KB; PDFファイル)

○災害時要援護者避難支援【支援をする人のために】P4 (157KB; PDFファイル)

2.災害時要援護者とは?

(1)65歳以上のひとり暮らしの方

(2)要介護3以上の方

(3)身体障害者手帳(1・2)級の交付を受けている方

(4)療養手帳(○A・A)の交付を受けている方

(5)精神障害者保健福祉手帳(1級)の交付を受けている方

(6)前各号に準ずる方で希望される方

3.要援護者の対象となる方へのお願い

市では平成23年5月10月に、上記(1)~(5)に該当する要援護者全体リストを作成し、このプランによる地域(住民自治組織等)の支援を希望するか・希望しないかの調査を実施しました。

まだ、回答をされていない方は、このプランの趣旨を十分にご理解を頂き、市に連絡を頂き登録されるようにお願い致します。

市では、提出頂いたこの個別計画を基に、住民自治組織(区・自治会等)へ支援者の選定をお願いしております。

※個人情報の取り扱いについては、十分留意するよう地域の代表者へお願いをしております。

●登録調査兼登録申請書【様式第1号】 (40KB; PDFファイル)

●個別計画【様式第2号】(45KB; PDFファイル)

4.災害時要援護者の支援者(地域の住民自治組織等)

大規模な災害が発生すると、市役所・消防署・警察署等の公的機関自体も被災しており、支援体制構築までには時間を要します。しかし、被災時の人命救助については、1分1秒の時間をかけられない為、

第一に、被災者自身が自分の身は自分で守っていただくこと=自助

第二に、近くにいる地域の方(住民自治組織等)の支援=共助

が、先の大規模災害からの教訓となっており、この体制構築を図ることにより被害を軽減することができます。

災害時要援護者で登録を希望する方がいた場合は、積極的に支援者へ名乗りを上げて頂ければ幸いです。

※大規模災害時には、支援者登録をして頂いた方自身も被災者になる可能性があるため、災害時要援護者の避難支援に関して、その責任を負うものではありません。

5.支援体制のイメージ

【平常時】

平常時イメージ.JPG

【災害時】

災害時イメージ.JPG

 

お問い合わせ

危機管理室課
TEL:0297-60-1514

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード