微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

公開日 2015年10月07日

最終更新日 2015年10月07日

PM2.5に関する情報につきましては、環境省ホームページ内『微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報』で確認することができます。この中では、茨城県ホームページ内『大気汚染常時監視情報』へのリンクも設定されています。
また、茨城県においても環境対策課ホームページ内『PM2.5について』で情報を発信しています。

★茨城県携帯用ホームページはこちら

注意喚起について

茨城県では、平成25年3月8日に、「茨城県微小粒子状物質(PM2.5)に係る注意喚起実施要領」を施行し、県内6測定地点のうち、1地点でも注意喚起の判断基準(午前5時、6時、7時の1時間値の平均値85μg/㎥)を超えた場合には、県内全域を対象として、注意喚起を行ないます。

注意喚起情報の発信は、茨城県ホームページ内で行う他、メール配信も行います。携帯電話等のアドレスを登録しておくことで、いち早くお手元に情報が届きますので、必要な方は登録してください。

メール配信登録はこちらから

茨城県ホームページ内『光化学スモッグ・PM2.5情報メール配信の登録ページ』

注意喚起の判断基準の追加について

平成25年12月3日に、「茨城県微小粒子状物質(PM2.5)に係る注意喚起実施要領」が改正され、注意喚起を行なう判断基準が追加されました。

上記の判断基準に加え、新たに、午前5時から正午の8時間の1時間値の平均値で80μg/㎥を超えた場合にも、午後1時を目途に注意喚起が行なわれることとなりました。

測定地点の追加について

平成27年10月1日に、「茨城県微小粒子状物質(PM2.5)に係る注意喚起実施要領」が改正され、測定地点に「下妻」が追加されました。

改正後の測定地点は、「北茨城中郷」・「日立市役所」・「常陸那珂勝田」・「水戸石川」・「大宮野中」・「笠間市役所」・「鉾田保健所」・「鹿島宮中」・「神栖消防」・「波崎太田」・「石岡杉並」・「土浦保健所」・「江戸崎公民館」・「取手市役所」・「筑西保健所」・「下妻」・「常総保健所」・「古河市役所」の18地点となり、この内1地点でも注意喚起の判断基準を超えた場合には、県内全域を対象として、注意喚起が行なわれます。

注意喚起時の行動の目安

  • 屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ控える。
  • 屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にするなどにより、外気の侵入をできるだけ減らす。
  • 特に、呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢者の方は、体調に応じて、より慎重に行動する。

注意喚起の解除の判断基準の追加について

平成26年12月26日に、「茨城県微小粒子状物質(PM2.5)に係る注意喚起実施要領」が改正され,注意喚起の解除の判断基準が追加されました。

今回の改正により、「注意喚起の判断基準を超えた全ての測定地点で、1時間値が2時間連続して50μg/㎥以下となった場合」注意喚起が解除されることとなりました。

測定地点の経緯

平成26年1月15日に、「茨城県微小粒子状物質(PM2.5)に係る注意喚起実施要領」が改正され、測定地点に「日立市役所」と「取手市役所」の2地点が追加されました。
改正後の測定地点は、「日立市役所」・「水戸石川」・「鹿島宮中」・「神栖消防」・「波崎太田」・「土浦保健所」・「取手市役所」・「古河市役所」の8地点となり、この内1地点でも注意喚起の判断基準を超えた場合には、県内全域を対象として、注意喚起が行なわれていました。

平成26年10月1日に、「茨城県微小粒子状物質(PM2.5)に係る注意喚起実施要領」が改正され、測定地点に「北茨城中郷」・「常陸那珂勝田」・「大宮野中」・「笠間市役所」・「鉾田保健所」・「石岡杉並」・「江戸崎公民館」・「筑西保健所」・「常総保健所」の9地点が追加されました。
改正後の測定地点は、「北茨城中郷」・「日立市役所」・「常陸那珂勝田」・「水戸石川」・「大宮野中」・「笠間市役所」・「鉾田保健所」・「鹿島宮中」・「神栖消防」・「波崎太田」・「石岡杉並」・「土浦保健所」・「江戸崎公民館」・「取手市役所」・「筑西保健所」・「常総保健所」・「古河市役所」の17地点となり、この内1地点でも注意喚起の判断基準を超えた場合には、県内全域を対象として、注意喚起が行なわれていました。

お問い合わせ

都市環境部 環境対策課
TEL:0297-60-1538