龍ケ崎市北竜台防犯ステーション(HBS)

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2018年01月16日

当市では、警察や防犯連絡員協議会をはじめとする防犯関係団体との連携を強化することで安全・安心なまちづくりを目指しています。

龍ケ崎市北竜台防犯ステーションは、このための防犯拠点と位置付けており、地域ぐるみの防犯体制をさらに充実させ、だれもが安全・安心に暮らせるような地域社会の実現を図るために平成22年11月に設置しました。

愛称である「HBS」は、北竜台地区の小学校(5・6年生)と中学校から応募された作品の中から、市長賞に輝いた「HBS」を採用させていただきました。

どこにあるのですか?

北竜台地区(小柴5-2-7、地図はこちらをクリック(181KB;jpgファイル ))に75.96平方メートルの建物を設置しました。近くに行くと「赤色灯」が2つ、玄関脇に取り付けられていますので、すぐにわかります。

間取りは、事務室、会議室、倉庫、給湯室、トイレとなっています。また、正面玄関の向って右側には、警察直通緊急電話が設置してあり、防犯サポーター等が不在の時には、利用できるようになっています。

HBS外観
HBS正面玄関
非常緊急電話
非常緊急装置(警察直通緊急電話)
事務室の様子
事務室
防犯情報案内板
敷地内掲示板

いつ、やっているのですか?

警察官OBや消防士OBを中心とした市防犯サポーターが、午後1時から午後9時までの8時間(年始及び火曜日を除く)勤務しています。

なお、市防犯サポーターが勤務していない火曜日については、北竜台地区の防犯連絡員のボランティアにより開所されています。(この際の開所時間は、不定期となります。)

どんなことをしているのですか?

HBSでは、下校時の児童・生徒の見守り、青パトを利用した市内全域のパトロール(北竜台地区については、徒歩によるパトロールも実施)、防犯情報の提供、防犯相談、警察署・防犯関係団体との連絡などを行っています。

また、年末防犯パトロール、地域安全キャンペーン、交通安全キャンペーンなどを警察等と連携して実施しています。

なお、警察官、防犯連絡員、少年指導委員、県防犯パトロール隊のほか、小中学校の先生、PTA役員など、市民の方々も来所されており、パトロール中の情報交換や防犯相談などが行われています。

小学生の下向見守り活動
児童見守り(常陽銀行前交差点)
防犯青色パトロール車
青パトを利用しての防犯パトロール
キャンペーンの様子
振り込め詐欺防止キャンペーン
地域安全キャンペーン
地域安全キャンペーン
歳末防犯パトロール
歳末防犯パトロール(出陣式)
歳末防犯パトロールHBS
歳末防犯パトロール(HBS正面)
 

HBS運営委員会の開催

管理運営は、市民の方々のご意見を反映し、協働で進めていこうということから、HBS運営委員会を定期的(月1回)に開催し、様々なことを協議いただいております。

委員には、市の安全・安心にため、ボランティアで防犯活動に尽力されている龍ケ崎市防犯連絡員協議会(※1)から会長、副会長2名、北竜台地区5分会(長山第1分会、長山第2分会、松葉分会、平台小柴分会、中根台久保台分会)の各分会長にお願いしています。この8名の方に行政側から交通防犯課長を加えた9名が委員となっております。

なお、HBS運営委員会では、竜ケ崎警察署からも随時、警察官が出席し、地域の防犯情報の提供や意見交換も行われています。

運営委員会
HBS運営委員会
拡大運営委員会
HBS拡大運営委員会(※2)

※1 龍ケ崎市防犯連絡員協議会
  龍ケ崎市防犯連絡員協議会とは、地域の安全安心のために、ボランティアで防犯活動を行っている団体です。

※2 HBS拡大運営委員会

HBS拡大運営委員会とは、HBSをより良いものとすべく、各団体間の意識の共有や連携を図ることを狙いとして年に1回開催しているもので、北竜台地区で防犯や子どもの安全安心にご尽力されているHBS運営委員、北竜台地区の小中学校の教職員やPTA、自治会連絡協議会の代表者などが参加し、情報の共有や地域の危険個所の対応策の検討などを行っています。

お問い合わせ

市民生活部 交通防犯課
TEL:0297-60-1532