郵便入札について

公開日 2014年06月30日

最終更新日 2014年06月30日

郵便入札の対象

郵便及び持参による入札等の対象は、原則として予定価格を事前公表している入札等とします。

入札書提出期限日

郵便の場合

  • 郵送方法は「簡易書留」・「配達証明」のいずれかの方法に限ることとします。
  • 入札書等提出期限日までの日本郵便(株)の消印を有効とする。
  • 入札書等提出期限日を過ぎて提出されたものは、無効になります。
  • 契約検査課に到着次第、担当職員が受付簿に到着日時を記入します。

持参の場合

  • 入札書等提出期限日の午後5時までに、契約検査課に必着とします。
  • 入札書等提出期限日を過ぎて提出されたものは、無効になります。
  • 受付簿に持参者の氏名を記入します。ただし、一般競争入札は除く。
  • 持参者が代理人の場合でも委任状は不要です。

受付後の入札書は、書換え、若しくは引換え、又は撤回をすることが出来ません。

封筒及び入札書等の記載の仕方

  1. 封筒は、1件につき1枚です。例えば、入札書等を封筒に2枚入れた場合や、入札書を入れた封筒表紙の件名と入札書等の記載件名が異なる場合などは無効になります。
  2. 郵便入札等用封筒の記載方法は、二重封筒とし、表封筒の表面に「入札書在中(見積書の場合は「見積書在中」)」と朱書きし、中封筒に入札件名及び入札等の日時を記載し、契約検査課長あての親展で提出することとします。
  3. 入札書等に記入する日付は、開札日の日付とします。
  4. 代理人が持参する場合でも、入札書等に代理人氏名は記入不要です。

         封筒記載例[PDF:20KB]        入札書等記入例[PDF:30KB]

工事費等内訳書の提出

  1. 建設工事等、設計図書がある場合には、設計図書を基に工事費等内訳書を作成し、入札書に同封してください。
  2. その他の場合は、任意の様式で業務等の内容・数量及び単価等を明記した内訳書を作成し、入札書に同封してください。
  3. 内訳書が入札書等に同封されていない場合や、内訳書と入札書等の記載金額が異なる場合は、無効になります。
  4. 工事費等内訳書は返却しません。提出された工事費等内訳書は、原則として公開します。

様式ダウンロード

工事費等内訳書(19KB; MS-Excelファイル)

※工事費・業務費の内訳書は自社様式を使用されても構いません。

開札、立会人

  • 立会人は、開札10分前までに参集した業者(希望者)2名までとします(先着順)。なお、立会人は代理人の場合には立会委任状が必要となります(様式1下記よりダウンロード可)。
  • 立会人が開札10分前までに到着しない場合は、入札に関係のない市職員が立会いをすることします。
  • 同価格の入札者が2以上あるときは、速やかにくじを引く日時を決定し、当該入札をした者(代理人の場合は委任状が必要)(様式1)を招集し、くじを引かせて落札者を決定します。この場合の立会人は、入札に関係のない市職員とさせていただきます。
  • 当該入札をした者のうち、くじを引かない者があるときは、これに代わって入札に関係のない市職員にくじを引かせ落札者を決定します。
  • 立会人は開札終了後、入札執行記録表に署名して頂きます。

様式ダウンロード

立会委任状(24KB; MS-Wordファイル)

落札者の決定

  • 落札者を決定したときは、落札者に電話等でお知らせします。また、契約書をお渡ししますので、速やかに来庁してください。
  • 当日の夕方、掲示板に掲示します。
  • 電話による問い合わせにも回答します。
  • 当該入札を辞退しようとする者は、辞退届を開札時刻までに契約検査課に提出してください。

お問い合わせ

総務部 契約検査課
TEL:0297-60-1551

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード