農地パトロール(農地利用状況調査)とは

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2017年04月01日

農地法の改正により、これまで農業委員会が行ってきた「農地パトロール」が法定化されました。

遊休農地の解消、違反転用の防止・早期発見のため、期間を決めてすべての農地を対象に利用状況調査を実施します。

農地利用状況調査にご協力ください

農業委員会では、10月から12月にかけて遊休農地の発生防止や解消、違反転用の防止や早期発見のため、市内のすべての農地を対象に農地利用状況調査(農地パトロール)を実施します。

このため、農業委員や調査員などが、農地を見回り、耕作放棄されている農地等の調査をします。各農地へ立ち入ることやお話を伺うこともありますが、ご理解ご協力をお願いします。

農地は食料の生産基盤である大切な資産です。また、遊休農地は不法投棄や病害虫の発生、有害鳥獣の隠れ場所になるなど、近隣の農地や住民に大変な迷惑がかかります。農地をお持ちの方は適正な管理をお願いします。

お問い合わせ

農業委員会事務局
TEL:0297-60-1575
FAX:0297-60-1584