野鳥

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2013年11月01日

野鳥が近所に巣を作っているのですが、どうしたらいいでしょうか?

ヒナや卵のある巣を撤去することは、鳥獣保護法により原則として禁止されています。


鳥のヒナが落ちていたらどうすればいいですか?

巣立ったばかりのヒナは、うまく飛ぶことができずに地面に落ちてしまうことがよくあります。近くに巣がある場合は、巣に戻してあげましょう。巣が見あたらなくても、親鳥が近くから見ており、鳴き声でコミュニケーションをとっています。人間がいると親鳥はヒナに近づけないので、そのまま静かに離れましょう。
また、道路上の危険な場所や、ネコに襲われそうな状況であれば、小さな箱などに入れて、近くの木の枝などに移してあげてください。
なお、産まれた全てのヒナが成鳥になるわけではありません。小さな小鳥を食べて生きている動物もたくさんいます。ヒナの生命が他の生き物へ受け継がれていくことは、自然の生態系の中でとても重要なことなのです。

お問い合わせ

市民生活部 農業政策課
TEL:0297-60-1537