農業ヘルパーをしてみませんか?

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2016年10月06日

龍ケ崎市農業ヘルパー制度が創設されました。この制度は、農作業の季節性に対応した補助労働力不足を補うとともに、市民に雇用機会や農業に触れる機会を創り出し、農家の経営改善と市民の交流を図るために、創設されたものです。

農業ヘルパー制度利用方法は、農作業を手伝ってほしい畑作・園芸農家と農作業に従事したい市民が農業ヘルパー推進センターに登録(下記用紙により登録)し、雇用する農家が登録情報等に基づき、雇用についての交渉を行い、雇用契約を締結という流れになっています。

農家用登録用紙(19KB; MS-Excelファイル)

市民用登録用紙(18KB; MS-Excelファイル)

pic2.jpg

この制度より農業ヘルパーを雇用した畑作・園芸農家には、農業ヘルパー利用料の10%、上限2万円の補助金が市から交付されます。また、JAからも農業ヘルパー利用料の5%の助成金が交付されます。

※制度についてのくわしい内容については、下記にお問い合わせください。


農業ヘルパー推進センター 龍ケ崎市まちづくり・文化財団 62-2227

市役所農業政策課 64-1111(内線413)

JA竜ケ崎販売課 62-2066

お問い合わせ

市民生活部 農業政策課
TEL:0297-60-1537