工場立地法について

公開日 2016年08月17日

最終更新日 2016年08月17日

お知らせ

龍ケ崎市では、既存工場の増改築・新規立地の促進による、工場の市外転出の防止を図るとともに、新たな企業を市内に誘致することにより、当市産業の振興と安定した雇用の維持・創出を図ることを目的に、あらかじめ指定された地域については、工場立地法の規定による工場敷地内の土地利用の制限を緩和しました。

企業用緑地案内[PDF:40KB]

工場立地法について

目的

工場立地法は、工場立地が環境の保全を図りつつ適正に行われるよう定められたもので、一定の業種及び規模の工場を新増設する際、事前に届け出ることを義務付けています。

届出対象工場

  1.  業種 : 製造業、電気・ガス・熱供給業者(水力・地熱発電所は除く)(業種名は、「日本標準産業分類(総務省)平成25年10月改定」による。)
  2.  規模 : 敷地面積9,000平方メートルまたは建築面積3,000平方メートル以上

主な届出内容

  1.  生産施設面積率 (工場施設面積に占める生産施設面積の割合) 業種別に30~65%
  2.  緑地面積率 (工場施設面積に占める緑地面積の割合) 20%以上
  3.  環境施設面積率 (工場施設面積に占める環境施設面積の割合) 25%以上(※)
  4.  環境施設の敷地周辺部への配置 15%以上

※環境施設とは、緑地及び緑地以外の環境施設(屋外運動場、公園など)を合わせた表現です。

より詳しい内容はこちらをご覧ください。→資料「工場立地法に基づく届出事務の概要」

届出書の作成

以下の必要書類及び記入例等を参照の上、作成してください。

  1. 必要書類一覧表 こちらをご覧ください(58KB; PDFファイル)
  2. 届出様式(Wordファイル)

記入例 こちら(1242KB; PDFファイル)をご覧ください。

関係資料(法令等)

お問い合わせ

市民生活部 商工観光課
TEL:0297-60-1536

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード