過去の作文試験・集団討論の課題

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2016年07月08日

○作文試験(第一次試験)の課題

年度別作文試験の課題(平成15年度~)
試験実施年度 課題
平成15年度 住んでみたい街の要件と市町村合併について
平成16年度 龍ケ崎市の特色を活かした活力ある街づくりと私が目指す公務員像について
平成18年度 社会情勢の変化がもたらす自治体の課題とその解決策とは(あなたが自治体の課題として考えるものを一つ挙げて作文すること。)
平成20年度 「あなたがこれまでに一番努力したことは何ですか。そのときの努力は今のあなたにどう役立っていますか。また、今後、公務員としてどう生かしたいと考えていますか。」あなたの考えを述べなさい。
平成21年度 あなたがこれまでに学校の勉学や仕事以外で経験したことの中から、保健師として活かしていきたいことを一つ挙げ、どのように活用できるかを述べなさい。
平成23年度 「地域間競争の時代」といわれる中、龍ケ崎の魅力を向上するための戦略と、公務員の役割について
平成24年度 長寿社会が進展する中で、少子化が深刻な問題となっていますが、行政としてできる取組内容をひとつ挙げ、その問題点や解決策を提示しなさい。
平成25年度 自分が「住んでみたい」という魅力を感じる市町村像について、述べなさい。
平成26年度

一般事務・

一般事務(身体障がい者)・

土木・建築

市民から龍ケ崎市職員として求められるものは何か述べなさい。
社会福祉士 龍ケ崎市職員としての社会福祉士が果たすべき役割とは何か述べなさい。
平成27年度

一般事務・

一般事務(特別選抜)・

一般事務(身体障がい者)

市民がより幸せに龍ケ崎市に暮らすためには、どのような行政サービスが必要か。また、龍ケ崎市職員として、自身が実践できることは何か述べなさい。

社会福祉士 社会福祉士として市民がより幸せに龍ケ崎市に暮らすためには、どのような行政サービスが必要か。また、龍ケ崎市職員として、自身が実践できることは何か述べなさい。

※400字以上800字以内

※制限時間1時間30分

○集団討論(第二次試験)の課題

年度別集団討論の課題(平成18年度~)
試験実施年度 課題
平成18年度

どうすれば家庭ゴミを減らせるか

1なぜ、家庭ゴミは増加傾向にあるのか。

2家庭ゴミを減らすために、何に取り組むべきか。

平成20年度 ワーキングプアについて

正社員並みに、あるいは正社員としてフルタイムで働いても、生活保護水準以下の収入しか得られない就労者が増加しており、社会的な問題となっている。

(1)ワーキングプアが発生した要因、時代背景は何か?

(2)ワーキングプアが今後、社会全般にどのような影響を与えるか?

(3)今後の具体的な解決策は何か?

平成23年度 若者の「マナー」について、公務員としてどのように考えるか。

最近の若者の中には、道路などに座り込み、ものを食べたり、話をしたり、公共の場でのマナーを守らない人を見かけます。

(1)なぜ、マナーを守らない人が増えたのか。

(2)マナーを守らせるための方策は何か。

平成24年度

少子化について

昨年2011年に生まれた子どもの数は105万698人と、過去最低(合計特殊出生率は1.39で前年と同じ)でした。また、晩婚化が進み、第1子を産む母親の平均年齢が初めて30歳を超えて30.1歳となりました。

(1)なぜ、出生数が伸びないのか。

(2)晩婚化が進んだ要因は何か。

(3)少子化を食い止めるための政策として何をすべきか。

平成25年度

メディアで自治体の魅力度ランキングなどが発表されているが

(1)住民にとっての魅力とは何か。

(2)魅力度を上げるために自治体は何をすればよいのか。

平成26年度 急速な高齢化の進行や核家族化の進展により、地域においてさまざまな課題が表面化しています。高齢者が安全で安心し、いきいきと暮らせるめに、今後龍ケ崎市としてどうしていくべきか、グループとしての意見をできるだけ具体的にまとめてください。
平成27年度 近年、地震や集中豪雨などをはじめとした自然災害が多発しています。市民の命を守り、安心・安全なまちづくりを行っていくためには、龍ケ崎市としてどのような取組みを行っていくべきか、グループとしての意見をできるだけ具体的にまとめてください。

お問い合わせ

総務部 人事行政課
TEL:0297-60-1513