出生届を出された方へ

公開日 2013年11月01日

最終更新日 2017年01月18日

子どもが生まれたときは

お子様が誕生されましたら、出生届以外のお手続きも必要となります。

母子健康手帳への記載

出生届出済証明欄に記載いたしますので、母子健康手帳をご持参ください。

住民票への登録について

出生届を行なうと、届出書に記載された住所で住民票が作成されます。住所地以外の市区町村へ届出を行った場合でも、届出地市区町村より住所地に情報が送られてきますので、出生届以外の手続きは必要ありません。

マイナンバー(個人番号)について

出生届に基づき住民票の作成が行なわれると、お子様にもマイナンバー(個人番号)が付番されます。後日、地方公共団体情報システム機構(J‐LIS)より、マイナンバーを通知する「通知カード」が郵送されます。

窓口

市民窓口課(本庁1階)・西部出張所・東部出張所・市民窓口ステーション

出産一時育児金の支給について(国民健康保険の加入者の方)

分娩に要する費用や、出産前後の健診費用など、出産に要する費用の負担軽減を図るため、出産をした方が加入する健康保険から出産一時育児金が支給されます。

必要なもの

  • 分娩者の保険証、世帯主の口座番号がわかるもの、医療機関発行の領収書(※1)、出産費用証明書、印鑑
    ※1 産科医療保障制度の対象となる分娩の場合、その旨が記されているもの。

窓口

保険年金課(本庁1階)

リンク先

出産一時育児金・葬祭費などの支給

お子様が国民健康保険に加入する場合

お子様が国民健康保険に加入する場合は、手続きをが必要です。健康保険証は、申請当日にお渡しすることができます。

必要なもの

  • 印鑑

窓口

保険年金課(本庁1階)・西部出張所・東部出張所・市民窓口ステーション

リンク先

国民健康保険(加入・脱退手続きおよび変更の手続き)

お子様の医療費の一部助成制度

申請により、健康保険で行なった診療による医療費が一部助成されます。

必要なもの

  • お子様の健康保険証、印鑑、父及び母の扶養の人数が確認できる課税証明書(※1)
    ※1 お子様の誕生月によりご用意いただく「年度」が異なりますので、ご確認ください。

窓口

保険年金課(本庁1階)・西部出張所・東部出張所・市民窓口ステーション

リンク先

マル福(医療福祉費支給制度)

中学生以下のお子様がいる方(児童手当)

児童手当は、中学校修了前の児童を養育している方に支給される手当です。出生届を提出したら次のものを準備して窓口までお越しください。(公務員の方は、職場で申請になります)出生日の翌日から15日以内にお手続きください。

必要なもの

  • 養育者の健康保険証、預金通帳、印鑑、申請者と配偶者の個人番号カード又は通知カード、転入により所得状況の確認ができない場合は、課税証明書・所得証明書など、その他必要に応じて提出する書類があります。(子と別居の場合など)

窓口

こども課(本庁1階)

リンク先

児童手当

公共下水道をご利用している世帯の方

公共下水道を利用している世帯の方で、井戸水をお使いの方は、変更届が必要となりますので、お申し出ください。

窓口

下水道課(本庁4階) 

リンク先

下水道使用料について

お問い合わせ

市民生活部 市民窓口課
TEL:0297-60-1526