年金受給者に関する手続き

公開日 2014年04月18日

最終更新日 2017年09月05日

年金受給者が住所・氏名を変更したとき

年金受給者が住所や氏名を変更したときは年金事務所へ届出が必要となります。所定の様式は市役所保険年金課にて用意してあります。

共済年金の受給者については、各共済組合にも変更の届出が必要な場合がありますので、各共済組合にご連絡ください。

  • 共済年金の受給者ではない方の住所変更のみの場合、住民票コードが日本年金機構に登録されている方については、住所変更の届出は原則不要です。
  • 氏名変更の届出には、年金証書と、変更を確認できる書類(戸籍抄本や住民票)の添付または市区町村の証明が必要です。なお、住民票コードを記入することで証明に代えることができます。

年金受給者が亡くなられたとき

年金を受けている方が亡くなったとき、亡くなった日より後に振込みされた年金と、まだ振込みされていない亡くなった月分までの年金については、その方と生計を同じくしていた遺族が請求して受け取ることができます(これを未支給年金といいます)。

請求順位は、(1)配偶者、(2)子、(3)父母、(4)孫、(5)祖父母、(6)兄弟姉妹、(7)その他の3親等以内の親族となります。

請求される方の続柄や状況によって必要書類が異なります。また、受給していた年金の種類によっても手続きの内容が異なりますので、詳しくは下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先

市役所保険年金課 または

土浦年金事務所お客様相談室 TEL 029-825-1170  自動音声「1」→「2」 

  • 平成26年4月の法改正で、請求対象者が3親等以内の親族まで拡大されました。(7)にあてはまる方による請求は平成26年4月以降の死亡が対象となります。
  • 生計を同じくしていた遺族がいない場合は、死亡の届出のみ提出となります。

年金受給者の所在がわからなくなったとき

年金受給者が所在不明となってから1カ月以上経過した際には、受給者の世帯員は所在不明であることを届け出る必要があります
届出後、年金事務所において事実確認を行い、所在が確認できない場合は年金の支給が一時差し止められます。

※平成26年4月に創設された制度です。

届出先・お問い合わせ先

土浦年金事務所
住所:〒300-0812 土浦市下高津2-7-29
TEL:お客様相談室 029-825-1170  自動音声「1」→「2」

お問い合わせ

健康福祉部 保険年金課
TEL:0297-60-1527