「地方創生」に関するアンケート集計結果

公開日 2015年10月21日

最終更新日 2015年10月21日

アンケート調査の目的

 我が国の人口動態は,すでに減少期となっており,今後,急速な人口減少が予測されています。本市の人口も,平成22年度をピークに減少に転じています。
 そこで,地方創生に向けた取り組みについて,モニターの皆様のご意見を伺うため,アンケート調査を実施いたしました。
 

アンケート調査の概要

 インターネット市政モニター制度(Webモニ)

  市民モニター(16歳以上で166人が登録)
  【回答期間】 平成27年6月3日~6月9日
  【回答者】   56人
  【回答率】   33.7%
 

アンケート集計結果

Q1.人口減少について
国立社会保障・人口問題研究所の推計によると,このままでは本市の人口は減少し,2060年には5万人台となり,行政サービスなどに対し,様々な影響があると予測されていますが,あなたは知っていますか。

 ・よく知っている (8人)
 ・少し知っている (23人)
 ・聞いたことはあるが,あまり知らない (15人)
 ・全く知らない (10人)
 

Q2.人口減少への対応方針について,あなたはどう考えますか。

 ・人口が増加するよう努力すべき (25人)
 ・現在程度の人口維持を目指すべき (10人)
 ・人口減少はやむを得ないが,なるべく減少に歯止めをかけるべき (18人)
 ・人口減少はやむを得ない (3人)
 

Q3.にぎわいの創出や定住促進について
持続可能な地方を創生するためには,にぎわいの創出や定住促進が必要と考えますが,あなたはどう思いますか。

 ・必要である (43人)
 ・どちらかといえば必要である (12人)
 ・どちらかといえば必要ない (0人)
 ・必要ない (1人)
 ・わからない (0人)
 

Q4.地方創生の取り組みについて
本市の地方創生の取り組みとして,玄関口である常磐線佐貫駅周辺地域の基本構想の策定,牛久沼を生かした道の駅の整備,駅前保育送迎ステーションの設置,常磐線佐貫駅名改称,駅前ロータリー改修,周辺道路整備などを政策パッケージとして進め,その効果を市内全域に波及させたいと考えますが,あなたはどう思いますか。

 ・必要である (29人)
 ・どちらかといえば必要である (21人)
 ・どちらかといえば必要ない (3人)
 ・必要ない (2人)
 ・わからない (1人)


Q5.あなたは,本市をどのようなまちにしていきたいですか。

 ・商業や工業などが盛んなまち (3人)
 ・自然環境と都市機能が調和したまち (30人)
 ・保健,福祉,医療が充実した地域で支え合うまち (18人)
 ・災害や犯罪に強く,安心安全に暮らせるまち (4人)
 ・歴史・文化が息づくまち (1人)
 


 

お問い合わせ

総合政策部 企画課
TEL:0297-60-1516