新保健福祉施設整備基本構想(平成28年3月策定)

公開日 2016年06月10日

最終更新日 2016年06月15日

新保健福祉施設整備基本構想について

 平成28年3月、新保健福祉施設整備基本構想を策定しました。
 保健福祉施設の複合化・多機能化は、公共施設再編成の第1期行動計画に位置付けられた取組です。
 保健福祉施設に求められる機能の多様化と、既存施設の老朽化のため、現在龍ケ崎市が持つ3つの保健福祉施設(保健センター、総合福祉センター、地域福祉会館)について、保健福祉施設の複合化・多機能化を目指して見直しを行っています。
 3つの既存施設をただ建替えするのではなく、複合化して1つの新たな施設を誕生させるとともに、新たな機能を付与しにぎわいの創出を行ないます。
 今回その整備のため、必要な機能や候補地について整理しました。

新保健福祉施設基本構想[PDF:2MB]

 

   保健福祉施設

 

001

お問い合わせ

総合政策部 資産管理課
TEL:0297-60-1533

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード