雪に備えましょう

公開日 2016年11月24日

最終更新日 2016年11月24日

商店街通りの雪冬の時期は、上空の寒気などの条件が重なると、本州の南岸を発達しながら進む「南岸低気圧」が発生し、大雪となることがあります。

平成26年(2014年)2月8日~9日にかけての降雪では、茨城県南部(観測地点:つくば市)で、観測史上2番目となる26cmの積雪を計測しましたが、これも「南岸低気圧」が原因でした。今後も思わぬ積雪に備えて、以下の準備をお願いいたします。

【写真】平成26年(2014年)2月の積雪状況

(商店街通り)

茨城県の大雪警報(注意報)発表基準が変更されました

近年の積雪では、警報(注意報)が発表されない段階でも、鉄道の運休や道路の通行障害など

社会的に大きな影響が生じていることから、気象庁は、平成28年(2016年)11月17日より、茨城県の大雪警報・注意報の発表基準を以下のとおり変更されました。

 
種別
大 雪 警 報 12時間降雪の深さ10cm 24時間降雪の深さ30cm
大雪注意報 12時間降雪の深さ5cm 24時間降雪の深さ10cm

普段から準備しておくこと

1.不要不急の外出を控えるため、飲料水、食糧などを備蓄

2.電力を使用しない暖房の準備(使い捨てカイロなど)

3.携帯ラジオ、懐中電灯の準備および予備電池の用意

4.スコップや凍結防止剤などの雪対策用品の用意

※凍結防止剤は、ホームセンターなどで購入できます。

5.自家用車の積雪対策

(スタッドレスタイヤへの履き替え、タイヤチェーン類の準備など)

雪の降り始め頃から準備すること

1.水道管類の凍結に備えて、生活用水をためておく。

2.屋外の階段など、凍結により滑りやすい場所に、凍結防止剤を事前散布する。

南岸低気圧と降雪については、当市防災指導員 水谷武司氏の 「防災コラム」にて、詳しく解説しています。

 http://www.city.ryugasaki.ibaraki.jp/article/2013081503139/

東京電力パワーグリッドからのお知らせ

◆切れた電線にはさわらないで!

積雪の影響による樹木接触・樹木倒壊などにより、電線が切れてしまう場合があります。

切れてたれ下がっている電線には、絶対に手を触れないでください。

電線に樹木や看板、アンテナなどが接触している場合もたいへん危険です。

見つけたら、以下宛にすぐご連絡ください。

 
東京電力パワーグリッド

電話 0120-995-007 

※0120番号をご利用になれない場合電話 03-6375-9803(有料)

◎停電情報は、東京電力パワーグリッドホームページより確認いただけます。

http://teideninfo.tepco.co.jp/

お問い合わせ

危機管理室課
TEL:0297-60-1514