【八原保育所】いちご組 11・12月の様子

公開日 2016年12月20日

最終更新日 2016年12月20日

お友だちと一緒に遊びながら、色々な事が出来るようになり、日々成長しています。

14
お友だちと手をつないで歩くのが上手になり、秋は散歩を楽しみました。済生会病院の遊歩道を歩き、落ちていたどんぐりを「ママに見せるの~」と嬉しそうに沢山拾ってお土産に。また、トトロの周りにどんぐりを貼り付けた「ペンダント」をつくり、発表会の日に身に付け「さんぽ」の歌をうたいました。

季節が秋から冬へと移り変わる中で、運動会や初めての発表会など様々な経験をしながら心も体も成長し、お友だちと会話しながら遊びを楽しむ姿が見られます。 トイレトレーニングも進み、「先生(おしっこ)出たよ!」と、良い笑顔。自信が付き、新たな遊びにも積極的に挑戦しています。

 

 

15
  発表会の練習の様子です。
  運動会で楽しんだ「3びきのこぶた」を、劇ごっこに
  しました。最初は外で「オオカミだぞ~」と追いかけ
  っこをして遊び、次にお友だちと一緒に子ぶたの
  家作り(積み木)を楽しみ、配役を決め、ステージ
  でごっこ遊びをしました。楽しかったね。
16
   自分の出番を待っています。
   大きいクラスの発表会練習を観ているうちに、
   いちご組のお友だちも「ステージに立ってみたい」
   気持ちになり…初めての発表会でしたが、笑顔で
   参加する事が出来ました。
 
17
    季節の製作では、サンタクロースの帽子を作り
    ました。クリスマスの話になると、「サンタさん、
    来るかな~?」と、楽しみにしている様子が見ら
   れます。
18
   ハサミの練習もしています。皆やりたくて、大はり
   きり。怪我をしない様によ~く話を聞きながら、
   保育士と一緒にハサミを持ち、ハサミの持ち方
   ・切る方向を覚えている所です。少しずつ上手に
   なっています。

 

 

お問い合わせ

健康福祉部 こども課
TEL:0297-60-1558