【平成29年度】【部(局)長からのメッセージ】 総合政策部長

公開日 2017年07月14日

最終更新日 2017年07月14日

龍崎部長1

総合政策部長 龍崎隆

はじめに

我が国は、少子高齢化の進展とともに、本格的な人口減少局面を迎えるなど、時代の転換期にあります。そのような中、時代の潮流や社会情勢の変化に的確に対応し、持続可能な地域経営の基盤を構築していくための取り組みが求められています。
このような基本認識のもと、本市全体に係わる各種計画の着実な実施を進め、一つ一つの取り組みが、地域の活性化や市民の皆さまの生活の安定に必ずや貢献するとの使命感を持って、総合政策部員一同、邁進してまいります。

今年度の部の目標・課題

龍崎部長2総合政策部の主な業務は、本市の重要な政策の企画立案と推進に関すること(企画課)、情報化の推進に関すること(情報政策課)、公共施設再編成の推進に関すること(資産管理課)、及び、道の駅の整備に関すること(道の駅・牛久沼プロジェクト課)です。

次に、平成29年度の主な取り組みをご紹介します。

企画課

昨年度策定した、本市のまちづくりの基本方向を示す最上位計画「第2次ふるさと龍ケ崎戦略プラン」の重点目標の推進を図ってまいります。
また、延期となった常磐線佐貫駅の駅名改称事業について、消費税率改正時(平成31年10月)を候補に準備を進めてまいります。

情報政策課

基礎的な市民サービスに必要不可欠な住民情報基幹系システムを更新いたします。更新に当たっては、新旧システムの連携を図り、システムの安定稼働、コストパフォーマンスの向上に努めます。
また、市民の皆さまの重要な情報を保管しているシステムの適正運用とセキュリティ対策に努めます。

資産管理課

いわゆる「公共施設の更新問題」は、避けては通れない問題です。現世代の需要を満たしつつ、次の世代により良いカタチで公共施設の機能を引き継いでいくため、「縮充」の観点から公共施設再編成を推進します。
昨年度策定した「公共施設再編成第2期行動計画」に基づき、具体的な取り組みを推進してまいります。さらに、公共施設再編成の取組の必要性を市民の皆さまと共有するため、市民フォーラムなども開催します。

道の駅・牛久沼プロジェクト課

道の駅は、地域振興の拠点として注目を集める一方で、閑散とした施設も散見されるなど、多様化が進んでいます。そのような中、本市においては、平成31年度の茨城国体の開催前を目標に、国道6号の牛久沼沿いに整備する予定です。
国道6号では初めての道の駅であり、地の利を生かし、東京方面から初めての休憩スポット、茨城方面から最後の休憩スポットとして、多くのお客さまが訪れ、市民の皆さまからも喜ばれる施設にしていきたいと考えています。
本年度は、護岸改修をはじめ、基本設計、実施設計を行ってまいります。

仕事に対するこだわり

業務遂行においては、地域で生じている課題や市民ニーズに、スピード感をもって主体的・積極的に取り組んでいきます。業務案件ごとに前提条件を整理し、各所管との横の連携、バランスを常に意識していきたいと思います。
引き続き、市民の皆さまのご期待に応えることができる市政運営に努めてまいります。

お問い合わせ

市長公室 広報広聴課
TEL:0297-63-2258
FAX:0297-60-1583