【平成29年度】【部(局)長からのメッセージ】 市民生活部長

公開日 2017年07月14日

最終更新日 2017年07月14日

市民生活部長1

市民生活部長 加藤勉

はじめに

市民生活部長の加藤です。
市民生活部は、市民窓口課、市民協働課、商工観光課、農業政策課、交通防犯課の5課で組織されています。それぞれの課の名称が示すとおり、市民生活に関わりの深い業務を担う部署です。

今年度の部の目標・課題

市民生活部長2

市民生活部各課の主な業務や進めている取り組みについてご紹介します。


市民窓口課では転入・転出の手続きや出生・婚姻等の届出の受理、住民票や戸籍等の写しの交付が主な仕事ですので、多くの方が窓口にお越しになります。特に窓口は月曜日と金曜日が混雑しますので、火曜日から木曜日までであれば、比較的待ち時間なく手続きを済ませることが出来ます。
また、昨年7月1日に北竜台地区ショッピングセンターサプラ内に開設しました「市民窓口ステーション」については、12月29日から翌年の1月3日までとサプラの休館日及びシステムメンテナンス日等を除き、毎日開庁していることから、市民の皆様より大変便利になったとの声をいただいております。


市民協働課では市民活動日本一を目指して、区や自治会、町内会などの住民自治組織を主体とした地域づくりを進めるとともに、地域力の向上を図るため、コミュニティセンターの活動範囲を単位とした、中核的な地域コミュニティの形成に向けた取り組みを進めています。現在、11の地区で中核的な地域コミュニティが設立されています。
今年度は、13のコミュニティセンターすべてに青パト仕様の公用車を配置いたします。主な利用は、コミュニティセンタースタッフの業務のためとなりますが、各地域で住民の皆さんが実施している防犯パトロールにも活用いただきたいと考えています。
こういった取組以外では、市民活動の活性化を図るための仕組みとしてスタートしたまちづくりポイント制度も、多くの市民の皆さんに認知され,活動の輪が広がりつつあります。


商工観光課では多くの歴史的文化財の中でも、国選択・県指定無形民俗文化財であり、本市が誇る観光資源でもある「撞舞(つくまい)」やYahoo!JAPAN「第2回ご当地メシ決定戦2014」で、全国大会を制覇し日本一となった「龍ケ崎コロッケ」等を、市外、県外に向けてPR活動を展開し、知名度アップとまちの活性化を目指しています。この「龍ケ崎コロッケ」については、平成29年4月7日付で特許庁の地域団体商標に登録されました。茨城県内では、「本場結城紬」、「笠間焼」に続く3番目の登録で、食品では初めて登録されています。まいりゅう
今年度は、昨年度より進めてきた創業支援の取り組みをさらに進めるため、取手市との連携による様々な創業支援の取り組みを実施します。創業塾の開催に加えて、レンタルオフィスの整備や相談機能を構築していきたいと考えています。
こういった取り組み以外では、子育て応援都市宣言の記念事業としてプレミアム商品券の販売、コロッケ横丁のイベントなども企画しています。
一方、消費生活センターでは、年々増加する高齢者を狙った悪質商法被害についての相談が多くなっています。少しでも被害を少なくするためにPRに努めていますが、悪質商法の手口や対処法を解説する、出前講座も用意していますので、是非、ご利用ください。


農業政策課では平成26年12月にふるさと龍ケ崎ブランドに認定されたトマト「レディーファースト」、そして平成27年9月に認定された「特別栽培米 コシヒカリ」をはじめとした龍ケ崎市内の魅力ある農産物を市内外に広めていきたいと考えています。
また、市内には、UFOズッキーニ(円盤型のカボチャ)の生産を始めた農家の方もおられることから、このズッキーニを龍ケ崎市の新たなブランドとなるよう支援していきたいと考えています。
「レディーファースト」は甘さと旨みと酸味が絶妙なバランスで、濃厚かつ味わい深いトマトです。先がとがっていて筋が入っているのが特徴です。
「特別栽培米」は農薬や化学肥料を茨城県の慣行栽培に比べて、半分以下に低減したお米です。龍ケ崎市内の小中学校の学校給食にも使用されています。


交通防犯課では昨年度に空家等の管理と活用に関する対策計画を策定しましたが、この計画を着実に推進するため、今年度より、「老朽空家等解体補助事業」をスタートしました。この補助事業は、一定の要件を満たす空家等の所有者又は相続人に対し、空家等の解体等に係る費用の1/2を、上限50万円まで助成するものです。
また、自主防犯活動を行う住民自治組織等が、自らの防犯活動を補完するものとして防犯カメラを設置する際、その費用の一部を補助する事業をスタートしました。制度の内容については、交通防犯課まで気軽にご相談ください。


このように市民生活部は、市民生活に密着した事業を多く担当しているのが特徴です。
市民の皆さんの目線に立った仕事を進めることができるよう、職員一同全力で取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

仕事に対するこだわり

出来る方法を部下と一緒に考える。

お問い合わせ

市長公室 広報広聴課
TEL:0297-63-2258
FAX:0297-60-1583